この春おすすめ!流行のフレームピンを使った大人アレンジ

「フレームピン」とは、円や三角、四角など、シンプルなフレーム型のヘアアクセサリーのこと。髪につけるだけで今っぽく変身できるおしゃれアイテムとして流行中です。今回は、そんな人気急上昇中のフレームピンを使った大人アレンジをご紹介。 “くるりんぱ”でつくるサイドダウンアレンジに、フレームピンをつけるだけなので、簡単にできてこなれ感も出せる春のおすすめスタイルです!
hair make WAKO

hair make WAKO


 

 ベースのスタイル

鎖骨下のローレイヤーミディアム
ss

32ミリのアイロンで毛先をワンカール巻いておくと、アレンジしやすくなる


 

 おすすめのタイプ

顔型:卵 面長 逆三角
髪質:すべてOK
髪量:すべてOK
クセ:すべてOK


ヘアアレンジの方法・やり方

ss

ざっくりと分けとると、ナチュラルな仕上がりになる


 

1. サイドのハチ上~後頭部の真ん中までの髪を、V字になるように斜めにブロッキングします。仕上がりで左側に毛束を集めるので、センターよりやや左寄りに、非対称にブロッキングします。
結び目がやや左側になるように

結び目がやや左側になるように


2. 1で分けとった毛束をシリコンゴムで結びます。この後の行程で“くるりんぱ”をするので、根元から3~4センチ離して結びます。毛束の位置は、センターよりもやや左側になるように。
ss

2本の指を出して穴を開けるとやりやすい


 

3. “くるりんぱ”します。結んだ毛束の真ん中に穴を開け、毛先を上から下にくぐらせます。
あ

結び目のところにねじれができる


 

4. 通した毛束を2つに分け左右に引っ張り、たるみをとります。
ss

ざっくりと分けとると良い


 

5. “くるりんぱ”した毛束を一旦仮留めし、残りの髪をセンターよりやや左の位置で2つに分けます。
ss

頭皮から5センチくらい離して結ぶと良い


 

6. 5で仮留めした毛束を下ろし、2つに分けた髪を毛束の上でシリコンゴムで結びます。次の行程でもう1度“くるりんぱ”するので、タイトに結びすぎないようにして下さい。
ss

きつめに引っ張ることでサイドもタイトになる


 

7. 6で結んだ髪をもう1度、3、4の行程と同じように“くるりんぱ”し、たるみをとります。

ss

センターよりやや左にねじれが2つできる


 

8. センターよりやや左側に、ねじれが2つできます。
ss

鏡で確認しながらすると失敗しない


 

9. トップの髪を指で少しづつ引っ張り、高さを出します。
ss

つける位置を鏡で確認してからすると良い


10. 耳後ろの位置にフレームピンをつけます。

 上手く仕上げるポイント

ピンをつける位置で印象が変わります。洋服のコーディネートや気分に合わせて、つける位置を変えてもアレンジが楽しめます。
s

ピンが目立ち華やかに


 
高めにつけるとカジュアルで若々しい印象になります。

s

ナチュラルな雰囲気


 
低めの位置につけると大人っぽく落ち着いた印象になります。


 サイド&バック

hair make WAKO

hair make WAKO


 
hair make WAKO

hair make WAKO


 

 使用したアイテム

今回は、ゴールドの丸いタイプのフレームピンを使用しました。
A

 シンプルでおしゃれな印象

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。