性能や装備がほぼ同等のQ5より安い!

気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回はアウディA4オールロードクワトロ(現行)をご紹介したいと思います。
A4オールロードクワトロundefinedフロント

写真のボディカラーは2010年の限定販売の際に採用された専用カラー。縦基調の専用グリルや専用バンパー&大型ホイールアーチ、18インチアルミホイールがA4アバントとの違いを強調します


根強い人気のSUV。4輪がちゃんと路面をつかむタイプが好まれますが、4WDじゃないSUVも売れています。ということは、ラフロードへ出かけるのは年に数回程度で、普段は街中が中心という人がほとんどなのでしょう。となると、背の高さってそんなに重要でしたっけ?

都市部は相変わらず高さ制限のある駐車場が結構ありますが、そんな時に思わず舌打ちしたことはないですか。また、重心の高さはロールしやすい(だから各社そうならないように腐心している)という物理的な課題点もあります。

というわけで、個人的にはラフロードも安心なロードクリアランスを持ちつつも、あまり背の高くない、スバルレガシィアウトバックやボルボXC70のような「車高を上げた4WDのステーションワゴン」のほうが真の都会派SUVではないか、と思うのです。

A4オールロードクワトロundefinedリヤ

2013年販売時からエンジンの出力が従来比13PSアップの224PSに(写真)。クワトロシステムは通常時の前後のトルク配分が40:60。走行状況に応じて60:40~20:80の範囲で変化します


そんな都会派SUVの一台、アウディA4オールロードクワトロがやっと新車時の半額以下から見つかるようになりました。

原稿執筆時点で見ると修復歴なしの最安値は225万円。2011年式の5.6万kmです。新車時価格は589万円ですから、十分新車時の半額以下です。

ちなみに同社の同クラスのSUV、Q5はというと、2011年式では5.7万kmの290万円の中古車が最安値。全長はほぼ同じでエンジンも同じ2Lです。

Q5の該当グレードの新車時価格は617万円と、A4オールロードクワトロよりは30万円ほど高いため、Q5の中古車のほうが高くて当たり前。

ですが、この2台の価格差は65万円もあります。傷などの個体差が不明ゆえ、価格差が開いていると断言はできませんが、少なくともQ5を考えているならA4オールロードクワトロも十分選択肢の一つに加えていいのではないでしょうか。

もちろん、価格だけがA4オールロードクワトロの魅力ではありません。次ページで詳しく見ていきましょう。