フリーフライト

風に乗って1時間程度の大空の旅

熱気球と言えば「係留フライト」を思い浮かべる人が多いことでしょう。ロープにつながれた気球に乗って上昇と下降を体験するだけでも、そのスピード感はとてもスリルがあり楽しめます。ですが、フリーフライト体験は、係留フライトとは全くの別物。風に乗って空の旅を楽しむ「極上のアウトドアアクティビティ」を体験してみませんか?今回は、栃木県藤岡の渡良瀬エリアで「気球屋栃木支店」のフリーフライトをご紹介します。

集合は夜明けごろ

熱気球は自然環境や天候に左右されやすい乗り物です。風が強い時や悪天候時は飛ばせません。夜が明けるころに準備をして、早朝の空を楽しむのがフリーフライトの基本です。予約をしていても、天候によって開催できないこともありますので、予備日も予定に入れておくことをおすすめします。

気球に乗るときの服装

季節にもよりますが、夜明け前の集合、長時間の飛行なので、寒さ対策は必要です。バスケット(乗る部分)によっては、乗り口がないタイプもあるので、大きく跨げるようスカートを避けたほうが無難です。また、気球に乗る場所は、畑や田んぼ、河川敷など、足元の悪いところが多いので、滑りにくい運動靴、または汚れてもいい靴を用意しましょう。

風を読む

当日、スタッフは風船を使ってその日の風を確認します。吹いている高さによって風の強さも向きも変わります。風向きを調べて、フライトのスタート地点とゴール地点を考えます。

気球の組み立て

組み立て風景

熱気球の組み立て風景

スタート地点が決まったら、そこから気球の組み立てがスタートします。大型の送風機を使って熱風を送り、次第に大きく膨らむ気球の組み立て作業を間近で見るのは、とても迫力があります。

大空の旅、開始!

ガス噴射

30分の飛行でプロパンガス1本分を使用

いざ出発。最初はガスを噴射する大きな音に驚きますが、ぐんぐんと高度を上げていく気球からの眺めに引き込まれ、あっという間に気にならなくなるはずです。気球は高度1000mほどまで飛ぶことができるそうです。景色を見渡せば、さながら鳥の気分。高度を調整しながら、ゴールに向かって風を乗り換えながら進んでいきます。

記念日にもおすすめ

相乗りのフリーフライトのほかに、貸切で利用できるプライベートフリーフライトがあります。空からの素晴らしい景色を独り占めできる貴重な体験なので、記念日や特別なイベントとしての利用も多いようです。
鳥の目線

眼下の街並み、遠くの山並みを、鳥の目線で。


より思い出深い体験に

気球のたたみかた

気球をたたんで、おしくらまんじゅう!?

体験後、もしかしたら後片付けに参加することができるかもしれません。気球をたたんで、みんなで力を合わせて小さくする作業は、感動の熱気球体験をさらに思い出深いものにしてくれるはず。可能であれば、ぜひ参加してみてください。また、フリーフライトでとりこになり、熱気球のライセンス取得を目指す人も多いのだそう。以下に紹介する熱気球体験イベント会社の中には、インストラクター講習を行っているところもあるので、チェックしてみてください。

フリーフライト

渡良瀬川を望むフリーフライト(気球屋)



熱気球フリーフライトができる場所

北海道
・富良野(冬)富良野ネイチャークラブ
(冬)レジャーガイド遊び屋 
・知床 (冬)摩周汽船
・十勝 (通年)有限会社ほっとえあ 

栃木県
・藤岡 (通年)気球屋 栃木支店 

長野県
・佐久 (秋~冬)気球屋
・安曇野(冬)安曇野汽船
・大町 (冬)青木湖アドベンチャークラブ

滋賀県
・近江八幡 (秋~冬)気球屋

三重県
・鈴鹿  (秋~春)気球屋 三重本社
・伊賀  (秋~春)気球屋

奈良県

・大和郡山(冬~春)気球屋

兵庫県
・播磨  (秋~春)気球屋


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。