コロナ禍で外出が制限される中、三密を避けられるアウトドアの人気が高まっています。特に、数年前から続くキャンプブームもあり、この機会にキャンプに出かけたいと考えている人は増えているようです。

そこで、前回の【基本編】に引き続き、アウトドアナビゲーターの筆者が「100均で買えるおすすめキャップグッズ」を3つ紹介します。今回厳選した商品は、「キャンプ上級者にも」おすすめしたい優秀なものばかりです!
 

1:見つけたら即買い!ダイソーのメスティン

さまざまな料理が手軽に楽しめると大ブームを巻き起こしたアルミ製飯ごう「メスティン」が、ダイソーなら550円(税込、以下同)で入手できます。簡単にふっくらおいしい白米が炊けるし、材料を全部入れて火にかければ、炊き込みごはんも思いのまま。
ダイソーのメスティン(1合用、550円)

ダイソーのメスティン(1合用、550円)

ダイソーのメスティンは「トランギア」と比べると小さいサイズでしたが、最近、大きなサイズ(3合用、1100円)も登場。加えて、待望の専用網も登場しました。
 

2:ダイソーのコンパクト薪ストーブと焚き火用シート

キャンプといえば焚き火を楽しみたい、という人は多いもの。ただし、大きな火をつくるとなると時間がかかるし後片付けも大変。そこで注目したいのが、ちょっとした焚き火気分を味わえる「コンパクト薪ストーブ」(110円)と「焚き火シート」(110円)です。
コンパクト薪ストーブと焚き火シート

焚き火シート(左)とコンパクト薪ストーブ(右)

コンパクト薪ストーブは、小枝で焚き火を楽しむ超小型サイズで持ち運びにも便利です。組み立ては簡単。ストーブの上に、メスティンやシェラカップなど軽いものなら載せることができるので、ちょっとした調理にも使えそう。

ただし、下に受け皿がないので、直火禁止の場所では受け皿の代わりになるトレイの用意が必要です。

受け皿や台の上で、ストーブや固形燃料を使うのはちょっと心配。そんなときに使えるのが、焚き火用シートです。大きさは30平方センチメートル程度で、小さなストーブにちょうどいいサイズです。
 

3:なんと、ハンモックも100均で買えちゃう!

ダイソーのアウトドア売り場はどんどん品数豊富になって、大型商品も増えてきました。ポップアップテントと同時期に登場した「ハンモック」は、550円という驚きの価格。耐荷重量は60kgなので、子ども向きといったところでしょうか。
ダイソーの「ハンモック」(550円)

ダイソーの「ハンモック」(550円)

使い方は、ちょうどよい幅の木を見つけて、くくりつけるだけ。ゆらゆらとハンモックに揺られる時間は、キャンプのステキな思い出になることでしょう。最近は、テントを建てずにハンモックで眠る「ハンモックキャンプ」を楽しむ人も増えていますよ。
 

100均にはまだまだキャンプグッズがたくさんある!

ハンモックのほかにも、500円を超えるダイソーの高額商品には、ポップアップテント、BBQグリル、ホットサンドメーカーに、なんとシュラフ(寝袋)まであります。
ダイソーのポップアップテント(1100円)

ダイソーのポップアップテント(1100円)

ダイソーの中でも高額商品である「ポップアップテント」(1100円)は、庭や公園でのデイキャンプに、または家の中での「おうちキャンプ」に、とても便利です。前面は開放的なフルオープン、裏面はメッシュでよく風が通ります。小さめなので、小さなお子さんがいるご家庭や、少人数で使う場合に適しています。

また、ダイソーの「折りたたみチェア」は数種類のバリエーションがあり、好みの大きさや折りたたみタイプを選ぶことができます。 もう、ダイソーに行けば、キャンプグッズがほぼ全てそろうと言っても過言ではありません。
 

100均でキャンプグッズを探してみよう

「アウトドアグッズは高い」という数年前までの常識は、大きく変わりつつあります。キャンプに出かける前に、まずは100均で探してみてください。使ってみたいキャンプグッズに出会えたら、ぜひキャンプ場で実際に試してみてくださいね。

【おすすめ記事】
プロが厳選した100均キャンプグッズ5選【初心者編】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。