野外音楽フェスに小さな子どもを連れて参加するとき、あると便利なものをまとめました。赤ちゃんから未就学児あたりの小さな子どもを連れて参加する場合を想定し、アウトドアグッズの中から、子連れ参加に便利なものをご紹介します。


ベビーキャリー

スーリーサプリング

ベビーキャリーがあれば、子どもと荷物をまとめて背負えます

アウトドア用のベビーキャリーは、肌が直接触れないから、汗ばむ季節でも涼しく子どもを運ぶことができる快適グッズ。お座りができるようになる生後6ヶ月ごろから使えます。背負いごこちのよさや、収納力、サンシェードなど各メーカーで様々な工夫をこらしているので、用途に合わせてお気に入りを探してみましょう。写真は「Thule Sapling」(THULE)。

 

代表的なメーカーを以下にいくつかご紹介します。

・ドイター 
「キッズコンフォート」シリーズを展開。「キッズコンフォート3」は子どもの頭をしっかりと守る縦長の大きなつくりが特徴。
ドイターキッズコンフォート3

ドイター「キッズコンフォート3」

 

・オスプレイ
「ポコプレミアム」は、取り外し可能なデイパック、よだれパッドつきで、サンシェイド内蔵。足をかけるところがあるなど、細部にこだわった使い心地のよいベビーキャリー。デイパック、交換パッド不要な「ポコプラス」も人気。
オスプレイ

オスプレイは背負ったときに美しく見せるデザイン

 

・タトンカ
タトンカベビーとタトンカキッズの2種展開。写真はタトンカベビー。腰ベルトが太くふっかふかでしっかりとホールドするなど、女性にも背負いやすいつくり。
タトンカ

タトンカシリーズは比較的コンパクトで軽量

 

・モンベル
子どもの首周りをサポートする取り外し式ピローつき。サンシェイドやレインカバーが別売りで、コストパフォーマンス高め。
モンベルベビーキャリア

モンベル「ベビーキャリア」はコスパが高い

 

ちなみに、モンベルから既存のベビーキャリーに加えて、軽量の「ポケッタブルベビーキャリー」が登場。6ヶ月ごろから使えます。汚れたらすぐに洗える素材がうれしい。コンパクトにたたんでしまえるので、大型のベビーキャリーと比べると、携行性に優れています。
ポケッタブルベビーキャリア

ポケッタブルベビーキャリア