東京・山手線の西日暮里駅から徒歩4分。線路脇の元倉庫に作られたクライミングジム「ライノアンドバード」は2008年にオープンしました。山手線沿線という立地のよさと、クライミングの良さが伝わるルート作りが魅力。多彩なルートセッターが、日々新しいルートを作り出しています。
ライノアンドバード

ライノアンドバード店内


ジム内を案内してくださったイケメンスタッフは、このお二人。
スタッフ

スタッフの植田さん(左)と酒井さん(右)


植田幹也さんと酒井悠さん。クライマーはどちらかというと、植田さんのようなしなやかな(あまり目立たない、でもよく見るとすごい)筋肉の持ち主が多いので、酒井さんのように隆々とした見事な筋肉を持つ人は珍しいと思います。
全身写真

植田さんと酒井さんの全身写真


酒井さんに、ジム内の「初級ルート」を2本選んで登っていただきました。

1本目は垂直壁のルート、2本目はやや傾斜のある壁のルートです。

ルート1も2も、初級コースにしてはひねりがありますね。1は登りながら体を少しずつ右のほうに動かしていく必要があります。2は脚のばねを使った動きが必要なルートです。

ガシガシと力技で登っていくことを許さない、こういったひねりのあるルートがたくさん用意されています。ルートの良さは、上達への近道とも言えるでしょう。初心者向けの無料講習もあるので、わからないことはどんどんスタッフの方に声をかけましょう。

もちろん、実際に岩壁を登りにアウトドアへ出かけることも多いとのこと。ジムのスタッフが主宰するクライミングツアーがひんぱんに開催されているので、上達を目指すだけでなく、仲間作りにもおすすめです。

オーナー藤枝さん

オーナー藤枝さん

ちなみに、オーナーの藤枝隆介さんは一級建築士。使われていない倉庫の利活用にクライミングジムの提案を行っているそうで、東陽町にも「フィッシュアンドバード」というジムを立ち上げています。

 
木のぬくもりを感じる店内。1階の壁以外に、2階に初心者エリアが用意されています。更衣室やお手洗いも使い心地よさそう。
受付

受付


レンタル用品

レンタル用品

シューズやチョークのレンタルがありますので、手ぶらでOKです。

シューズは22cmから用意があるので、小学生ぐらいのお子様もいらっしゃるそうです。なお、お子様の利用は、保護者と一緒の場合に限ります。詳細はお問合せください。

 

ライノアンドバード

東京都荒川区西日暮里2-56-3
03-6228-0135
平日  14:00~23:00
土日祝 10:00~21:00


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。