メイク落としシートで掃除ができる!

メイク落としシートで掃除

新しい商品にチャレンジしたものの、やっぱり合わなかった……。わりあい、よくある話です

唐突ですが、クレンジングシート「シートタイプのメイク落とし」って、すごく便利ですよね~。

そりゃ、お湯などを使ってきちんとクレンジングするほうが肌にいいというのは分かっているのですが、いろいろな事情で「ともかくクレンジングシートで拭くだけ拭こう……バタッ」ということが、大人の女性の人生では、まぁまぁ、あります。

市販のクレンジングシートって、それほど高価ではない、けれどもひとつの商品に結構な枚数が納まっている。毎日使うわけじゃないけど、たまに必要とする。などの理由で、何となくいつも洗面所にスタンバイさせているという方、少なくないのではないでしょうか。

ただ、このクレンジングシートというもの、どれでも同じようなものかといえば意外と違いが大きくて、シートの質感とか拭いた後の感触とか、痒くなるとかブツブツが出来てしまうとか肌に合わないことも。

買って試してみたはいいものの「なんかちょっと嫌」というものに当たってしまい、最後まで使い切ることなく洗面所の棚に放置されたまま……なんていうケースも、また少なくないのではないかと思われます。

もしそんなふうに余ってしまっているクレンジングシートがありましたら、乾ききる前にぜひ、以下のプチ掃除に転用して使い切ってしまいましょう!
 

プチ掃除に大活躍なメイク落とし!

ところで「クレンジングシート」の成分って何だか、ご存知ですか? 

シート部分は基本的に「不織布」、そして水分たる「水」。そこに商品によって「エタノール」や「クエン酸」が添加されていたり、「オリーブオイル」などのオイル類が添加されているのが売りだったり、オイルフリーが売りだったり、差異はあるものの油性の「ファンデーション」がざっくり落とせるような仕様にはなっています。

つまり「油汚れ」が落とせてしまうのです……住まいの。油には脂も含まれます。手脂、手あか系の汚れも落ちます。

では具体的にみてみると

・電話機の受話器部分
・PCのマウス周り、キーボードの隙間
・デスクの手が良く当たるところ
・スマホ
・キッチンのコンロ周り
・キッチンの壁

知らず知らずのうちに蓄積しているのが手あか系の汚れ。気づいた時にしっかりオフしておきたいところです

知らず知らずのうちに蓄積しているのが手あか系の汚れ。気づいた時にしっかりオフしておきたいところです

こういった、ちょっと水拭きだけではスッキリ落ちないべとついた汚れをオフしたい時、クレンジングシート(使いさしで、ちょっと乾きかけているくらいのものがベスト!)がいい仕事をしてしまうんです。

ちょっと拭くだけで、さっと落ちるくらい効果大で、拭いた後はぱっと捨てられて、何とも、お手軽。

ちなみにキッチンのコンロ周りの強烈なベタつきには、実は買ったものの肌にあまり合わなかった「クレンジングオイル」や「コールドクリーム」の類も使えてしまいますので、もし何年も寝かせてしまってあるものが脳裏に浮かぶような方は、騙されたと思ってぜひ試してみて下さい。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。