すごくチープ、でも人気

iPhoneの図

スマートフォン向けの音ゲーです。ちょっとした時間に気軽に遊ぶのにとても良いです。

「ピアノ タイル 2(ブラックタイルをたたけ 2)」というゲーム、聞いたことありますでしょうか? AppStoreの無料ゲームランキングを見てみると、1位、あるいは上位に位置し続けていて、人気があります。でも、知らない人もたくさんいるんじゃないかと思います。

このピアノタイル 2というゲーム、正直に言って、非常にチープな作りの単純な音ゲーなんですが、しかしとても開放的で、自分がピアノを上手に演奏できているような、いい気分にさせてくれるゲームに仕上がっています。無料で遊べますし、暇つぶしに良いですから、騙されたと思ってちょっと触って見て欲しい、そうしたら何故か気持ちよくて夢中になっちゃう、そんなゲームです。

リリースしているのはCheetah Mobileという企業で、この企業の本業はゲームじゃないんですね。モバイル端末向けのセキュリティソフトだったり、広告プラットフォームを展開している企業です。その広告メディアの1つとして、ゲームアプリがあるわけです。もしかすると、老舗のゲームメーカーではないからこそ、こういうゲームがでてくるのかも、と思わせます。

超シンプルで超普通

ピアノ タイル 2の図

画面は超がつくほどシンプル。ほとんど、タイルが流れてくるだけです。

ゲームの仕組みは非常に単純で、縦に4つの列が敷かれていて、上から下に、その列を黒いタイル、ちょうどピアノの黒鍵のようなイメージのものが流れてきます。わりと大きくて指で押しやすいサイズのタイルです。そうしたら、その流れて来るタイルを流れてくる順番に押すと、ピアノの音が流れて音楽になる。タップするだけのタイルの他、押しっぱなしにするタイルなどもありますが、それ以上に複雑なことはなく、基本的にはこれだけです。

タイルは演奏していくとだんだん早く流れてくるようになり、1曲演奏しきるとボーナスステージを挟んで「無限の階段」という、さらに早く演奏するモードに突入。1度でもタイルをタップしそこねればそこで失敗となります。できるだけ長く演奏すれば、その分たくさん得点が貰えるようになります。

曲はクラシック音楽やあるいは小学校で歌うような誰でも知っている民謡が多く、ステージをクリアしていくとポイントがたまって音楽が解放されます。また、課金によってコンテニューしたり、新たな楽曲を解放したりすることもできます。

さて、ここまでの説明だと、あまりに普通の音ゲーに聞こえてしまうかもしれません。というか、基本的にはシンプルで普通の音ゲーなのです。ただ、これから説明する1点を除いては。