今回はこんな質問が届きました

Q.もともと眉が濃く、ボサボサに見えるのか「いつも眉描いてないよね?」とノーメイクと間違われてしまいます(泣)。自分ではちゃんと眉メイクをしているつもりなのですが……。(30代 会社員)


A.ボサボサに見えるというのは毛並みが揃っていないのかも。ブラシや眉マスカラでブラッシングして毛並みを整えるだけでほどよいメイク感が出せますよ。

メイク感の出る太眉の描き方

 

ボサボサして見えるというのは、眉が手つかずで、お手入れをしていないワイルドな雰囲気に見えるってことかな(笑)? いま眉は太めなので、眉毛が濃いのはちょうどいいってことなのですが、「眉を描いていないよね?」と言われるのは、整ってないように見られているのかも。やはり、ほどよく整ってメイク感があったほうが大人の女性は素敵に見えますからね。自前の眉がしっかりあって、もともと濃い人は、ブラシや眉マスカラで毛並みを整えてすっきりさせましょう。

眉はとにかく、毛流れが大切。毛流れの方向性や毛のツヤなどで、洗練度が違って見えるんです。考え方は、髪の毛と一緒。髪の毛もブラッシングすると表面にツヤが出て、毛並みが整って型よく顔立ちの美人度が上がりますよね。眉毛もブラシで毛流れを整えてあげるだけでも、がぜんきちんと感が出ますから、やってみましょう!

まず、ブラシで眉全体を下から上へ持ちあげるようにとかします。特に、眉頭は下から上へ垂直に立ちあげるようにして太さと毛の勢いを出しましょう。眉尻は毛の生え方も下向きになってしまいボサボサに見えるので、毛先が下がりすぎないように持ち上げるようにしましょう。この時、毛先が下に長く下がってしまうようなら、長さを揃えてすっきりカットするのも手です。眉毛のそれぞれの生え方もありますが、「眉頭から眉山に向かってなだらかに上昇し、眉山から眉尻にむかってわずかに下降する」というイメージでコツコツブラッシングをやっていれば毛流れにクセがついてきますから。さらに、眉マスカラで眉毛に色のニュアンスをプラスしつつ、毛流れをつければより洗練された印象に仕上がります。

もうひとつ、手つかずなボサボサ眉に見える原因として考えられるのが、眉の輪郭。輪郭全部を整えるとカッチリ見え過ぎるので、上下どちらかのラインを整えるといいですね。上側か下側か、ボサボサしているほうを整えましょう。ちなみに、眉のラインを整えるときは、必ず眉を描いてから行いましょうね。上側は、眉用シェイバーで剃るか、毛抜きで抜くとスッキリします。下側は、ハサミでカットするのがおススメ。これで、良い意味ですっぴん風の、でもちゃんとお手入れの行きとどいた女性らしさも漂う、例えば深津絵里さんのようなステキな眉になるかも、しれませんよ。

山本さんのおすすめアイテム

 

刃物メーカーが作ったプロも満足する安全で便利な音波振動カミソリ
世界初、音波振動カミソリは、うぶ毛、眉毛など短く細い毛を、より優しく安全に処理できる。小回りがきき、眉カットに便利。水洗い可能で常に清潔に使える。携帯にも便利。音波振動式カミソリ bi-hada ompa ホルダー 顔用替刃1個付 オープン価格/貝印
 


 

 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。