レモンを駆使したクリエイティブフレンチ

外苑前の艶やかな喧騒から一本路地に入ると、そこは住宅街とデザイン事務所や写真スタジオなどが点在するクリエイティブなエリアが広がる。そんな一角に明るい光を灯すアットホームはビストロがある。その名も「ビストロ レモンハウス」。
外苑前

明るい光に吸い込まれるエントランス

食材の特徴をよく理解して、料理に活かすセンスがさりげない。コスパの良い、お勧めできる一軒だ。
外苑前

シンプルかつ落ち着いたホームインテリア

一歩足を踏み入れると、ウッディかつライブラリーチックなインテリアに気持ちがゆるく落ち着いてくる。正面のカウンター経由で煮込み料理の香りが漂い、瞬間的に、ここはいい感じ、とスイッチが入る。

メニューを見る限り、アラカルト主体でオーダーするのが楽しそうだ。
外苑前

まずはアペリティフを

ライチの燻製のアミューズは単純に楽しい一皿。カリッと皮を割った中にはまさにライチの燻製。甘味を押さえたローズスパークリングにぴったりとはまり込む。そしてサラダからスタートだ。二人でシェアできるちょうどいいサイズにまとめられ、インカの瞳、フルーツ人参、ワサビ菜など10種類ほどの野菜が生き生きとした姿で盛り付けられる。名前の通り、レモン風味のヴィネグレットが心地よく、それがまたミュスカデといったドライな白ワインとマリアージュ。とてもシンプルな組み合わせに食事への期待感は程よく高まっていく。
サラダ

見た目以上に旨みを感じるサラダ

次の料理に移る心地よい酔い加減を感じるひと時がたまらない。これを一言でいうなら「ゆるさ」か。

馬肉のタルタルは、これはもう「おかわり!」と叫びたいの一品。エシャロット、ケッパーでまとめられた、この合法的な生肉料理は特にこれといって何か目新しさがあるわけではない。しかし、ここにレモンを加えることにより味わい全体が絞まり、旨みがひときわ引き立つように工夫がなされている。
ワイン

ボリュームもちょうどよく、ワインはソーヴィニオンブランを合わせたい

特別に何か工夫されているわけではない。通常は牛肉を使うが日本では禁止されているので、それを上質な(さらに原価もかなり高い)馬肉で、という料理だが、これがなんせワインをどんどん進ませてくれる心地良さを連れてくる。

そうか、ここはレモンの家なんだ!と思いつつ、何気ない普通のレモンが様々な形で料理を彩り、そして躍らせる。
外苑前

内臓料理もしっかりとした味わい

牛ハツのローストにトリッパを敷いた内臓料理も隙がない。塩の効きがちょうどよく軽めのワインをどんどん進ませる。ハツの食感もこりっと心地よく、栄養価も感じ取れてちょっとヘルシーな気分にもなるだろう。

メインは蔵王牛モモ肉のステーキにアッシュパルマンティエとくる。結構な量をいただいているが、ソースのメリハリとレモンを軸とした柑橘系の「スパイス」が飽きのこない味わいの渦を作り上げているようだ。
外苑前

まさにフランスの郷土料理そのもの!

レモンバターでモンテしたブラマンジェも心地よい〆のデザート。アラカルトでオーダーしながら気分は好きな料理だけ選んだフルコース。ワインも気張ることなくグラスでどんどん運ばれてくる。

ワインも手軽で、食べて飲んで1万円でお釣りのくるプライスゾーン。また行きたくなる気軽な、でもホンモノのフレンチが外苑前の路地に煌めいている。

【休業・閉店】
ビストロ レモンハウス
〒107-0061 東京都港区北青山2-9-15
東京メトロ外苑前駅(神宮球場口)より徒歩約3分
TEL 03-6447-0177
地図
火~土:
ランチ 11:30~16:00(LO 15:30)
ディナー18:00~23:30(LO 22:00)
日:
ランチ&カフェ 11:30~16:00(LO 15:30)
月休
立食パーティー55名まで対応可(4500円~)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。