2015年年間カラオケランキングベスト10(JOYSOUND)

まずは12月1日にエクシングさんから発表されたJOYSOUNDカラオケ年間リクエストランキングはこちらです。

01. (-–) ひまわりの約束/秦基博
02. (-–) Dragon Night/SEKAI NO OWARI
03. (13) 糸/中島みゆき
04. (–-) R.Y.U.S.E.I./三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
05. (01) Let It Go~ありのままで~/松たか子
06. (05) ハナミズキ/一青窈
07. (–-) Darling/西野カナ
08. (04) 残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
09. (03) 千本桜/WhiteFlame feat.初音ミク
10. (07) 小さな恋のうた/MONGOL800
(集計期間:2015年1月1日~2015年11月30日)
(カッコ内は2014年の順位)
2015年のカラオケランキングで首位に輝いたのは、ドラえもんシリーズ初の3DCGアニメ化が話題となった映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌、秦基博の「ひまわりの約束」。2014年年間ランキング201位から大幅ランクアップした。本楽曲は、今年8月30日に地上波で映画が放送されて以降、15週連続で首位を独占しています。子供から大人まで幅広い年齢層に支持された1曲となりました。
(株式会社エクシング ニュースリリースより)

2015年年間カラオケランキングベスト10(DAM)

続いて、12月10日に第一興商さんから発表されたDAMの年間ランキングです。

01. (–-) R.Y.U.S.E.I./三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
02. (–-) ひまわりの約束/秦基博
03. (06) 糸/中島みゆき
04. (-–) Dragon Night/SEKAI NO OWARI
05. (01) Let It Go~ありのままで~/松たか子
06. (04) ハナミズキ/一青窈
07. (12) Story/AI
08. (–-) Darling/西野カナ
09. (07) 奏(かなで)/スキマスイッチ
10. (05) 残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
(集計期間:2015年1月1日~2015年12月06日)
(カッコ内は2014年の順位)
今年DAMで最も歌われた曲は「R.Y.U.S.E.I.」(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 以下、三代目JSB)でした。2位の「ひまわりの約束」(秦基博)や3位の「糸」(中島みゆき)といった胸に響くバラードが追い上げるも、“ランニングマン”の振り付けが象徴的なみんなで盛り上がれる鉄板曲として「R.Y.U.S.E.I.」が一番多くリクエストされました。
(株式会社第一興商 ニュースリリースより)

2015年のカラオケ人気曲の傾向は?

上記の通り、JOYSOUNDの第1位は「ひまわりの約束」、DAMの第1位は「R.Y.U.S.E.I.」と、それぞれの機種で異なる結果となりました。通常、2014年の「Let It Go~ありのままで~」、2013年の「女々しくて」、2012年の「ヘビーローテーション」のように、第1位は同じ曲であることが多いのですが、今年は例年ほどのメガヒット曲が生まれなかった分、さまざまな曲が幅広く支持されたと言えるのかと思います。

その中でも特に注目なのは、両機種ともに第3位にランクインしている中島みゆきさんの「糸」。初出は1992年のアルバム「EAST ASIA」なので、実は20年以上前に発表された曲なのです。ここ数年、カラオケ大会でも男女問わず多くの方に歌われているなど、カラオケ定番曲としてすっかり定着しています。

その他は、「ハナミズキ」「残酷な天使のテーゼ」などの昔からの定番曲と「Darling」「Dragon Night」など、昨年から今年にかけて流行した曲も入り交じるなど、バランスの取れたランキングになっているかと思います。

年末になると「FNS歌謡祭」「日本レコード大賞」「紅白歌合戦」など多くの音楽番組が放送されますが、例年、番組内で話題になった曲が翌年のカラオケランキングの上位にランクインする現象が見られます。2016年のカラオケ人気曲を予測しながら音楽番組を見るというのも一つの楽しみ方かもしれませんね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。