単なる番宣コメントを越えた発言

最近テレビで見る機会の減ったネタ番組がたっぷりと見られる年末年始。12月19日に放送されたフジテレビの「THE MANZAI 2015」も、あの「下町ロケット」最終回の真裏ながら、視聴率的にも大健闘を見せたそうです。

この番宣コメントで、ナインティナインとともにMCを務めたビートたけしの一言「お笑いに順位をつけるのはおかしいと思う」が波紋を呼んでいます。昨年までのコンテスト形式から、純粋なネタ番組への変更(原点回帰?)をアシストする得意の毒舌と見ることもできますが、それ以上の深い意味がこの発言に込められているように感じられたのです。

若手時代のトラウマ?

ビートたけしが漫才コンビ・ツービートを結成した1970年代、東京の漫才コンテストといえば「NHK新人漫才コンクール」一つしかありませんでした。デビュー当時からその実力を認められてきたツービートは、この大会に3度出場していますが、意外なことに最高位である最優秀賞を獲得することはありませんでした。

その後テレビでの人気も高まり、マンザイブームで頂点に立ったのはご存知の通りですが、その実力を持ってしてもコンテストに勝利できなかったもどかしさを、脳裏に焼き付けているのでしょうか。

当時のコンテストは作家や評論家が審査員を務めていました。したがって、これまでになかった新しい漫才を生み出そうとしていたコンビを、正しく評価できたのか疑問の残るところです。