世の中、数多の芸人さんが存在する一方で、それに匹敵するくらい多くのギャグが存在します。しかし、世間の人々の記憶に留まるギャグは一握り。ここにもまたお笑い界の厳しさが見え隠れします。今回はそんな中でも私的に強い衝撃を受けたギャグのBEST5をご紹介したいと思います。どこか哀愁の漂う名作ギャグを、皆様もご記憶と共に振り返ってください。

第5位 「ペイッ!」&「ホッテンマッカセー!」 アダモステ(島崎俊郎)

伝説のバラエティ番組「オレたちひょうきん族」から生まれた名物キャラ
懐かしの名キャラ「アダモステ」の雄姿は「オレたちひょうきん族」のDVDで堪能できます。
伝説のバラエティ番組「オレたちひょうきん族」が生んだ名物キャラクター「アダモステ」。活字にするとなおさらですが、「ペイッ!」も「ホッテンマッカセー!」もとにかく意味が分かりません。というか意味を考える気にもなりません。しかしながらそこに「粗いメイクといでたち」や「不可解な踊り」といった要素が三位一体になることで、観るものを強引に笑わせる底知れないパワーが満ちていました。正直、女子高生を中心に顔グロメイクや白い唇が流行った時も、おおむねアダモステに見えましたからね。いつかこの娘たちも「ペイッ!」って言い出すのではないかと、若干期待したものです。そのくらいアダモステのインパクトは強烈です。

決して上手いことを言うわけでもなく、使い慣れた言葉を使うわけでもない。純粋に一般人では踏み込めない領域でのパフォーマンスは、半ばアイドル化した現在のお笑い界に薄れつつある「芸人」としての真髄を感じます。


第4位 「いくつになっても甘えん坊」 間寛平

寛平ちゃん出演のDVD
永遠の少年という言葉は寛平ちゃんのためにあるのではないか。どの作品を観ても彼の魅力は色褪せません。
日本が誇るギャグマシーン、間寛平。「アヘアへ」「かい~の」など山ほどある名作ギャグの中から今回は「いくつになっても甘えん坊」を選出しました。「それを言われて何と言えばいいの?」という困惑とともに、あまりに混じりっ気のない寛平ちゃんの甘えん坊っぷりが知らず知らずのうちに私の顔を笑顔にするからです。巷では「子供心を持った大人の男って素敵…。」などと言われたりしますが、そんなもの寛平ちゃんの前ではメッキです。これを狙ってやるようでは所詮大人の浅知恵にすぎません。

こちとら母性本能をくすぐるつもりも、可愛いキャラで売るつもりも一切ございません。ただただ泉のように湧き出る「甘えん坊」感。そして気がつけば体と口が動き、リズムが生まれて、いつの間にかギャグになってしまう必然と奇跡。こんな芸当、寛平ちゃんじゃないとできません。天性のギャグ芸人ですな。

次のページでは、3位&2位を発表します。