ひとまずは9月で終了

数あるバラエティの中でも、いまいちばん若者層の関心(いい意味でも悪い意味でも)を集めていると言われるプログラム「テラスハウス」(フジ系 毎週月 後11:00~11:30)。ネットニュースでも頻繁に取り上げられてきた番組ですが、先ごろ「9月で終了」することが発表されました。

10月以降の新番組は未定のため、番組が完全に終ってしまうのか「テラスハウス2」的なものが始まるのか? 現時点では全くもって不明です。ただこのニュースが大反響を巻き起こしたのは、多くの人が興味を持って見ていた何よりの証拠でしょう。

そんな「テラスハウス」の前身番組と言えば、誰もが「あいのり」(フジ系)を思い出すのでは。この2番組は恋愛バラエティともリアリティショーとも呼ばれてきましたが、当然ですがどちらのジャンルにもルーツと言える番組があり、そこからの流れがあってこそ「テラスハウス」が熱狂的なファンを集める面白さを発揮してるわけです。

アメリカ直輸入だけに、いちおうの元祖?

まずはルーツ探しの前に、字面はよく見るけれど、正確な意味は以外に知られていないリアリティショーについて、簡単に説明します。一般的な定義としては「一般人、あるいは無名の芸能人の行動や発言をカメラが追う形式の番組」とされてます。ただ、この定義の一部に抵触する場合であっても、リアリティショーと呼ばれる場合も多々あります。

そんなリアリティショーの本場アメリカでの人気番組を、そのまま日本へ移植したのが2002年の「サバイバー」(TBS系)。一般的にはこれが日本でのリアリティショー第1号と言われています。というのも、それまでリアリティショーという用語自体、広く知られていなかったのですから。それに加えて「リアリティショー日本初上陸」という、「サバイバー」の宣伝方法も影響しているようです。

番組コンセプトは、無人島に集まった十数名の男女が、コミュニケーションを取りながらも、たった1人の勝ち残りを目指して競うというもの。アメリカでの人気と比べると、日本では今ひとつの感があり、これ以降、欧米流のリアリティショーが日本でオンエアされることは、ほとんどありませんでした。