クリスマスが寂しい人へ……インスタントな恋人を作っていない?

クリスマスを1人で過ごすのは寂しい?

クリスマスを1人で過ごすのは寂しい?

もうすぐクリスマス!「恋人がいないと寂しい」と慌てて相手を探す人は少なくありません。

でも、インスタントな恋人を作ることで、1人で過ごすよりも残念なクリスマスになってしまうこともありますよ?

仮に今、「付き合いたい」と言ってくれる相手が出てきたとします。その人は自分にとって、可もなく不可もなくというタイプだったとします。
そんな相手とクリスマスを一緒に過ごすことになったら、どんな気分になるでしょうか?

■その1:プレゼント選びが億劫になる
好きでもない人にあげるプレゼント選びほど、つまらないものはありません。出費にもなるし、相手にそこまでの興味がない分、相手が喜ぶものも分からなかったりします。

プレゼント選びは、「好きな人を喜ばせたい!」という気持ちがあってこそ、楽しいものなんですよね。

■その2:クリスマスデートをするのが面倒くさくなる
あんなに恋人と一緒に過ごしたかったクリスマスなのに、いざ好きでもない人と過ごすとなると、行くのが面倒くさくなってくる人も少なくありません。この日、お泊りの予定があれば、なおさら行きたくなくなるかもしれません。

クリスマスは面白いテレビ番組もやっていたりするもの。そうなると、「出かけずに家でテレビを観ていたい!」なんて思ってしまう人も多いのでは?

■その3:2人でいた方が寂しくなることもある
相手が自分のことを好きな分だけ、罪悪感を持つようになり、一緒にいるのが辛くなります。
人は1人だから寂しくなるだけではないんですよね。人と心を通わせられない寂しさの方が、さらに孤独を感じさせることだってあるのです。

では、こんな楽しくないクリスマスにしてしまう理由は何でしょうか?
それは「不安」があるからです。1人でクリスマスを過ごすことが怖いのです。
そこには、クリスマスに限らず、今のうちに知っておいた方がいいこともあります。それを次のページで紹介します。
 

不安がもたらす、残念な結果

不安の思いから選ぶものは、残念なものが多い

不安の思いから選ぶものは、残念なものが多い

私たちは不安になると、自分でも腑に落ちない行動をしがちです。
例えば、将来が不安だから、好きな人ではない人と付き合って、結婚を目指す。とりあえず、好きでもない仕事をする、などをやってしまう人はいます。

もちろん人生は思い通りになることばかりではありません。でも、その中でも好きだと思えるものを掴まないと、日々の生活がつまらないし、最終的に自分の人生に納得できなくなります。そんなの幸せではないですよね。

もう不安がるのは止めて、もっと幸せになりませんか?

人は好きなものを選ばないと、ワクワクしません。
恋愛は、好きな人と付き合った方がいいし、人間関係も、好きな人と友達になった方がいい。仕事も自分が好きだと思えることを選んだ方がいいものです(※仕事の場合は、趣味のような「好き」ではなく、得意なこととか、これならやりがいを感じるという意味での「好き」です)。

そうではないと、未来だけではなく、今も地獄になってしまいます。
未来のことは分かりませんが、今は変えられます。いつだって今、幸せでいることは大事です。

別に童話「アリとキリギリス」のキリギリスになれと言っているわけではありません。ある程度のリスクマネジメントは大事です。
でも、もし未来の不安を減らすために選ぶものがあるとしても、“それを選ぶことでワクワクするもの”にした方がいいでしょう。

今回の件で言っても、クリスマスに好きでもない恋人と過ごすのは、ワクワクすることでしょうか?違いますよね。
 

好きなことを一生懸命やる!

今年、お亡くなりになられた水木しげるさんの名言には、こういったものがあります。
「好きなことだけをやりなさい。好きなことは一生懸命やりなさい」

まさにそれです。好きなことを一生懸命やる。これ以上に幸せなことはありません。恋愛(結婚)も仕事も人間関係も、好きなことを一生懸命やった方がいいのです。

例えば、今独身の人は、「生涯独身かもしれない」なんて不安を持って、結婚を目指しがちです。中には、結婚できる人が見つかっても、なかなか相手を好きになれず「この人と結婚してもいいのだろうか?」と迷っている人もいます。

今のご時世、好きでもない人との結婚は、しなくてはならないものではありません。だったらもっと、自分がワクワクする未来を選びましょう。

実は、インスタントな恋人を作ってでもクリスマスを一緒に過ごそうとしてしまう人にとっては、今回、“大切なことを学ぶチャンス”でもあります。それを最後に紹介します。
 

インスタントな恋人とクリスマスを過ごしたい人の心の闇

自分なりに楽しいクリスマスを!

自分なりに楽しいクリスマスを!

人は経験をしないものに対しては、恐怖心を抱きます。
もし1人で過ごすクリスマスを恐れているのであれば、敢えて一度、経験してみればいいのです。
そうしたら、そこまで恐れることではないことに気づくでしょう。

意外と1人で好きなDVDを観て、クリスマスケーキを食べながらのんびりしたら、充実した時間を過ごせた、なんて人だっているはずです。

クリスマスを1人で過ごすことを必要以上に避ける人は、「一体何に恐れているのか?」を考えてみましょう。
もしかしたら、「クリスマスに1人で過ごす自分は、価値のない人間なんだ」なんて、思い込んでしまっていませんか?

それが間違っています! 人と自分を比べ、自分にないものばかりを数えている人は、人からの評価ばかりで自分を判断しがちです。
もっと“自分のものさし”を持ちましょう。そして、もっと自分で“ありのままの自分”を受け止められる人になりましょう。

もっと自信を持ち、外からの評価ではなく、自分のいいところをきちんと見つけ、「自分は価値のある人間だ」と認めてあげるのです。
そうしたら、他の人と自分を比べて、自分の価値をはかったりしなくなるでしょう。

自分でありのままの自分を受け止められない人に限って、人に受け止められて安心しようと躍起になります。それが恋愛をこじらせます。
まずはきちんと自分で受け止めましょう。それができるようになると、むやみに人に受け止められたい感がなくなり、魅力が増します。

クリスマスに1人で過ごすのが辛くて、慌てて恋人を作ってしまう人は、重要なことを学ぶきっかけを無駄にしています。1人で過ごすことは、そんなに格好悪いことでしょうか? 一体、誰の目を気にしているのでしょうか?

もっと自分の心と向かい合いましょう。人の目ばかり気にしないで、自分らしく生きられる人になった方が、幸せになれますよ。

もちろん1人で過ごすことにこだわる必要はありません。気心の知れた友達や家族と過ごしたら、それはそれでいいクリスマスになるでしょう。
クリスマスを“自分なりに”楽しく過ごせる人になりましょうね!


【お知らせ】
書籍「子供おばさん”にならない、幸せな生き方」が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 隔週23時に更新!

ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」を毎日更新中!


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。