食べたいって言うから作ったのに~!

子供にリクエストされると、ママはついはりきってしまうけど…

子供にリクエストされると、ママはついはりきってしまうけど…

これまでにこんな経験はありませんか?
  • お子さんに「○○を食べたい~」とせがまれたので、「じゃあ、明日の夕飯に作ってあげる」と約束したものの、いざ作ったら、全然食べてくれない
  • ケーキ屋さんでは、チョコレートのケーキを選んだのに、おやつの時間になったら弟が選んだイチゴのケーキの方が食べたくて泣いてしまった
親にしたら、「頑張って作ったのに」「好きなものを選んだのに」と思うのですが、少し前の発言なんてすっかり忘れている様子……。コロコロと考えが変わる子供たちに、親は翻弄されることも度々ですが、これにはちゃんとした理由があるのです。子供の移り気の理由を解明したカナダの実験をご紹介しましょう。


カナダの実験で分かる「子供の発言がコロコロ変わる理由」

この実験は、3~7歳の子供たち90人を対象に行われました。まず実験のスタート時に、みんなにリンゴジュースを飲んでもらいました。そして、のどがうるおった状態で子供たちに次の質問をしました。

「スナック菓子と水、今はどっちが欲しい?」

約8割の子が、「スナック菓子」と答えました。

その後、読み聞かせをする間、子供たちにスナック菓子を配り、食べながら、物語を聞いてもらいました。そして、読み聞かせが終わった段階で、実験者は子供たちに次の質問を投げかけました。

「明日、またここに来てもらおうと思っているんだけれど、明日の読み聞かせのときは、スナック菓子と水、どちらを用意しておけばいいかな?」

すると、今度は約7割の子が「お水」と答えました。

その直後、子供たちに水を配り、それを飲み干してもらい、再度、同じ質問をしたのです。

「明日、またここに来てもらおうと思っているんだけれど、明日の読み聞かせのときは、スナック菓子と水、どちらを用意しておけばいいかな?」

すると、今度はほとんどの子が「スナック菓子」と答えたのです。


子供って意外と現実的!?

質問に答えてもらった際、選んだ理由を聞くと、子供たちはこんな風に答えたそうです。

「お水がいい。だって水の方が健康的だから」

しかしその数分後には、
「スナック菓子がいい。だって水のボトルを開けたくないもん!」

わずか数分の違いで、真逆の答えを出し、しかも理由づけに筋が通っていなくても全然気にしない、なんとも子供らしいですよね。

この実験データを読んで、「わかる、わかる」と思われた方も多いのではないでしょうか? 今回の実験で分かったのは、少なくとも7歳くらいまでは、「今」の状態から未来を見ているということです。つまり、現状を抜きにして、純粋に未来を想定するのは、まだ難しい年齢なのです。

だから、「今日の夜ごはん、何がいいかな?」という質問をすると、あくまで「今のお腹」での答えが返ってくるというわけです。


ママが激昂する回数を減らすヒントに

大人は、何が起こるかを予測し、先回りして考えることができます。たとえば、

「来週は健康診断だから、今週はおやつ抜きにしてダイエット」
「明日は雨予報だから、今日のうちに買い物を済ませてしまおう」

のように。これらをすべて実現できるかは別として、”計画“するのは得意ですよね。だから、子供に対してもつい先を見越した要求をしてしまいます。

「あと1時間でごはんだから、おやつはもうがまん」
「明日は朝早く起きるんだから、今日は早く寝るよ」

でも、子供たちはきっとこう返答するに違いありません。

「ちゃんとごはんも全部食べるから、おやつも食べて大丈夫。お菓子ちょうだい!」
「ちゃんと明日早く起きれるもん。だから、テレビ見ていいでしょ?」

子供はあれこれと想像を膨らませるのは得意ですが、先々の状況を踏まえた想定をするのはまだ難しいのです。「現状抜きには語れない」、それがコロコロと言うことが変わる理由です。

日々のお子さんの発言も「今の欲求」がベースになっていると理解しておけば、ママが「さっきそう言ったじゃない!」と激昂する回数が減るかもしれません。


*出典:Infant and Child Development (2015). 「Young Children Have Difficulty Predicting Future Preferences in the Presence of a Conflicting Physiological State」より


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。