長い歴史の中で、ギリシア神話と結びついて普及した星座ですが、前のページにも書いたように、天文学者たちが勝手に作った星座があるもの事実です。それらの星座には、当然神話はなく、しかもちょっと風変わり。でも、そこが魅力といえなくもありません。

それでは、私が「こ、これは無理があるのでは?!」と思った不思議な星座の中から、日本で見られるものを厳選して3つご紹介しましょう。

ちょうこくしつ座

「ちょうこくしつ」とは「彫刻室」。なんと、部屋を表す星座です。この星座を作ったのはフランスの天文学者・ラカイユ。ラカイユ本人は「彫刻家のアトリエ」という星座名をつけたのだそう。星と星をつないだ形は、とてもアトリエ(彫刻室)には見えませんけれど。ラカイユは想像力が豊かだったのでしょうね。

ちょうこくしつ座

「ちょうこくしつ座」は秋の星座です。芸術の秋にぴったり?!


星座絵を見ると、槌とノミが無造作に置かれ、台には胸像が置かれています。この胸像は制作途中なのでしょうか……謎です。

暗い星ばかりで全体をとらえるのは難しい星座ですが、「旬の星座を楽しむ【秋の星座】」で登場した、秋の星空でたったひとつの1等星・フォーマルハウト(みなみのうお座)と、デネブカイトス(くじら座)を目印にすると、だいたいの位置がわかります。

ちょうこくぐ座

彫刻室だけじゃなくて、道具も星座にしないと! というわけで、「彫刻具」です。作った人は、もちろんラカイユ。星座と星座の間を埋めようと、隙間家具的に作られました。その小ささは、小さな星座トップ10にランクインするほど。

ちょうこくぐ座

「ちょうこくぐ座」を作ったラカイユは、アート好きだったのかもしれませんね


彫刻具として星座絵に描かれているのは、「たがね」と呼ばれる鉄の棒。石を砕くときに使う、先の尖った道具です。交差した2本のたがねが、リボンで結ばれているところがなかなか洒落ています。

この星座も暗い星ばかりなので、夜空に探すのは至難の業。冬の宵、オリオン座が真南に昇ってくる前に、地平線に近い南の低空で輝いています。見晴らしのいい場所で、人工の灯りの影響を受けない暗い空に探すのがコツです。

ポンプ座

フランスの天文学者・ラカイユは、科学機器や道具を好んで星座にしました。ポンプ座もその中のひとつで、実験に使う真空ポンプなのだとか。かなりマニアックです。

ポンプ座

星と星をつないでもポンプに見えないので、想像力でおぎないましょう


星座絵を見ても「これがポンプなの? どうやって使うのかしら」と、首をかしげてしまいますよね。ラカイユが生きていた時代、当時発明されたばかりの真空ポンプですから、そう思ってしまうのも当然です。それにしても、星と星をつないだ形と星座絵があまりにもかけはなれているので、この星座を楽しむには、たくましくて豊かな想像力が求められそうです。

ポンプ座は春の星座です。「旬の星座を楽しむ【春の星座】」でご紹介した「春の大曲線」のカーブをからす座の先までのばしていくと、ポンプ座に行き着きます。また、同じく春の星座のしし座が南の空高く昇ったときに、レグルスから地平線方向へ視線を移していくと、低空にポンプ座があります。やはり暗い星ばかりで星座全体をとらえるのは難しいため、位置を確認するところから始めましょう。

真空ポンプを夜空に探す……ロマンチックな気分は味わえそうにありませんが、「たぶん、あそこだ!」と確信を持てたときは、爽快な達成感でみたされること請け合いです。

いかがでしたか? 掘り下げていくとけっこうおもしろい神話のない星座たち。88星座の中には、そのような星座がまだまだありますから、自分のツボにはまる、お気に入りを探してみましょう。

それでは、全天88星座を一覧表でチェック! >>