子供の成長にとって大切な「親のストレスマネージメント」

親のストレス

   ああ、またやってしまった......。

きりきりとストレスに溢れている時と、ゆったり余裕がある時とでは、子供のしでかす同じような失敗や悪さにも、全く違った対応をとってしまう……。子育てしていると、そんな体験を何度も通るのではないでしょうか。人はストレスが溜まると、忍耐力が落ち、衝動的に行動してしまいやすくなります。  

すぐにイライラしてしまう、最近やたらと爆発しやすい、そんな時は、ストレスが溜まりつつある状態。親だって人間ですから、気持ち的なアップダウンはもちろんあるもの。それでもストレスを抱える親のこうした態度が長期的に続くなら、子供も情緒面や行動面に、より問題を抱えてしまうと示す研究も多くあるようです。

親のストレスマネージメントは、子供の健やかな成長にとって大切。ストレスを緩和する方法としては、気の合う友人、信頼して相談できる相手、子供を安心して少しの間でも預けられる存在など、「社会的サポート」に頼るのが効果的とされています。とはいえ、そうした環境になかなか恵まれない場合もあるもの。一人でできるものとしては、身体を動かすストレッチや運動、趣味を楽しむ、お笑い番組を見てゲラゲラ笑う、ぐっすり眠るなどもあるでしょう。

この記事では、そうしたストレス対策のひとつとして、「マインドフルネス」を紹介します。様々なストレス対策を試しつつ、自分にどういった方法が合っているのか、時と場合によってどんな方法が効果的なのか、自らストレスとうまく付き合う方法を見出していきたいですね。


マインドフルネスとは何か?

マインドフルネスとは、元々仏教の伝統を基にしていますが、1970年代にマサチューセッツ大学の科学者により、宗教色を排した「マインドフルネス・ストレス低減プログラム」が開発されて以来、世界中の医療機関に取り入れられています。昨今では、イギリスやアメリカで教育機関に取り入れる動きも多く見られます。

マインドフルネスとは、「マインドフルである状態を練習していくことです。

■マインドフルである状態とは?

・思考に気づいている
自分は今、何を考えているのでしょうか。
・感情に気づいている
自分は今、どんな気持ちでしょうか。
・身体感覚に気づいている
自分は今、頭の先から足の先まで、どんな感覚なのでしょうか。

では、なぜこうした「マインドフルである状態」が、ストレス緩和に効果的なのでしょう?

次のページでは、その理由を示す興味深い研究と、ストレスの正体についてみていきましょう。