赤ちゃんが夜中に泣くのはどうして?

夜泣きする赤ちゃんに戸惑ってしまう……
寝ている顔は天使なのに……。夜泣きはどうして起こるの?どうしたらいいの?
生まれて間もない赤ちゃんは、愛らしい寝顔を見せてくれる天使のような存在。ところが、夜中にいったん泣きはじめると、どうしていいのかわからなくなってしまいますよね。昼間ならまだ対応できるのですが、慣れない育児から開放されるはずの、ささやかな休息時間、夜中に泣かれては気持ちが休まらないのではないでしょうか。夜中に赤ちゃんが泣き出す理由としてはこういったものが考えられます。(赤ちゃんと泣くことの関係はこちら!『赤ちゃんが泣き止まない!どうしたらいい?』)

  • おむつ交換のタイミング
  • お腹がすいている
  • のどが渇いている
  • 布団が重たい、暑い
  • 寒い
  • 周囲の音が気になる
  • 眠りにつく前触れのぐずり
  • 体調・気持ちが悪い(火がつくように泣いていたら、念のため病院へ)

では、こういったことを全てチェックしたのに、泣き止まない場合は……?

夜泣きとは、赤ちゃんが生後2~3ヶ月頃から理由もなく大泣きをして泣き止まない現象のことを言います。夜泣きに関する正式な研究の結果は明らかになっていませんが、今回は夜泣きのメカニズムを睡眠の観点からひも解いてみたいと思います。

赤ちゃんの体内時計は未完成

赤ちゃんは寝たい時に寝て、起きたい時に起きます。
泣くのは怖い夢を見てしまった時……?
赤ちゃんが夜中に泣くのには、実は理由があります。大人にとっては夜寝て昼間は起きているのが当たり前のこと。夜中に赤ちゃんが泣いてしまうと、睡眠を邪魔されてブルーになってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ところが、生まれて間もない赤ちゃんには、実は昼間と夜の区別はないのです。それもそのはず、それまではお母さんのお腹の中で朝晩なく、眠ったり起きたりを繰り返してきたのですから……。

赤ちゃんの眠りのリズムは、生まれてから作られるもの。とはいっても、急いで大人のリズムに赤ちゃんを合わせようとするのは、赤ちゃんに負担が掛かるのでオススメできません。なぜなら、赤ちゃんの体内時計が出来始める
のは4ヶ月頃といわれているからです。

ママにとっては体力を消耗することではありますが、赤ちゃんの眠りのリズムに合わせて泣き声(赤ちゃんの意思表示)を受け止めるところからはじめていきましょう。


>>次ページは赤ちゃんの眠りと大人の眠りの違いをお伝えします>>