Thank youへの返事はYou're welcome?

Thank youと相手に言われた時、みなさんは「どういたしまして」を英語でどのように返していますか?いちばん良く知られている表現は、You're welcomeだと思いますが、you're welcomeはフォーマルな感じが強いため、日常会話では実はあまり使われません。今回は、もっと気軽に使えるフレーズを含めた「どういたしまして」の表現を整理してみましょう。

気軽に使える「どういたしまして」の文例

1. Sure! 「もちろん」という意味のsureを使った「どういたしまして」はとてもカジュアルな感じです。日本語言うところの「いいってことよ!」のようなニュアンスがあります。主にアメリカで使われます。

2. No problem!

thankyo

いつものあいさつに変化を!

「問題ないよ!」が直訳です。別に手を煩わせている訳ではないので、特に問題にならないくらいのことをしたまで、という感じで「だいじょうぶですよ」のようなニュアンスです。

3. That's OK!

「それでだいじょうぶ」が直訳ですが、日本語に置き換えるなら「構いません」や「全然(平気)!」などが近い表現だですね。That's fineも同じようなニュアンスで使えます。

4. Any time!

直訳は「いつでも!」ですね。何度でもそのくらいは構いませんよ、というニュアンスです。「お易い御用です」という気持ちですね。

5. Don't mention it.

mentionは言及するという意味の単語ですから、「お礼は口にしないでください」という意味です。こちらはカジュアル度が上記の表現に比べて低く、ビジネスでも使える表現です。

1~5までの表現は、比較的友人の間や親しい者同士で使われています。会話で例を見てみましょう。

A: Thank you very much for helping me tonight!
(今晩は手伝ってくれて本当にありがとう!)
B: Any time!
(いつでも言って!)

A: It's so kind of you, ○○.  Thank you so much!
(○○さん、本当にご親切にして頂きました。ありがとうございます。)
B: No problem.
(いいえ)

ビジネスで使える「どういたしまして」の文例

それでは、比較的フォーマルなビジネスシーンで使われても遜色ない「どういたしまして」を見ていきましょう。 6. It's my pleasure.

「それはわたしの喜びです」が直訳であることから、手助け出来て嬉しい気持ちを表せる丁寧な表現です。頻繁に耳にする素敵な「どういたしまして」ですね。 7. The pleasure is mine.

「その喜びは私のものです」が直訳です。わたしはこの表現が個人的に大好きです。「お役に立ててうれしゅうございます」という日本語に近い表現です。

youre

気持ちを乗せて伝える「どういたしまして」

8. You are more than welcome.

比較級を使った「どういたしまして」の表現です。直訳は、「あなたはwelcome以上です」ですから、単なるwelcomeよりも相手に親しみと誠意ある気持ちを表せますね。日本語の「とんでもないです」にあたる表現だと考えてよいでしょう。You are most welcomeという最上級の言い方もあり、やはりとても丁寧で品のある表現です。

会話文で例をあげてみましょう。

A: I really appreciate your help in resolving the problem.
(問題解決にお力添え頂きまして、誠にありがとうございました。)
B:The plesure is mine.
(こちらこそ、お役に立ててよかったです。)

A: Thank you for your consideration.
(ご考慮頂きましてありがとうございます。)
B: You are more than welcome.
(とんでもないです。)

いかがですか?
「どういたしまして」には、このようにたくさんのバリエーションがあります。ご自身のお気持ちや相手との関係性にあわせて、楽しく使い分けてみて下さいね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。