イタリア各地で味わいたいクラフトビール

birra1

シチリア州エトナ山麓のビール工房「EPICA」のビール。エトナ山麓の黒豚サラミと合わせてアペリティーヴォ♪

「イタリア人もビールを飲むの?」

ワイン王国のイタリアだけに、そんな質問もしばしばいただきます。消費量としては、さすがのドイツやイギリスには及びませんが、

「ハイ、イタリア人もビールを飲みます!」

アペリティーヴォ(食前酒)やピッツァ、パニーノやバーガー系のライトな食事には、ビールを合わせる人が多いものです。

そんなイタリアのビールと言えば、ナストロアズッロやペローニ、モレッティ。日本でも飲むことができる有名ビールメーカーのみならず、最近では、小規模ながら素材や行程にこだわった職人系のご当地ビール、いわゆるクラフトビールが人気を集めています。

AssoBirra(イタリアビール協会)の最近の報告によれば、イタリア全土にクラフトビールが約500工房以上。つまり、イタリア各地でその土地らしいクラフトビールに出会えるというわけです。

クラフトビールはどこで飲む?いつ飲む?

birra2

アブルッツォ州のマイクロビール工房「Oppernacco」の黒ビール。こっくりとした味わいで、ほのかにリクイリッツィアの香りも

イタリアの飲食店カテゴリーには、ご存じの通り、食事をメインにしたリストランテやトラットリア、ピッツァ専門店のピッツェリア、ワイン専門のエノテカ、立ち飲みカフェのバールなどなど。ビール専門店としては、ビッレリアがあります。

ビッレリアはもちろんのこと、こだわったワインを揃えるエノテカや、最近流行りのオーガニック食材を扱うリストランテやトラットリア、ピッツエリア。また、ちょっと新しめのバールなどでも、クラフトビールは見つかります。

食事の前のアペリティーヴォで楽しむことが多いですが、食事に合わせることもありますし、また、食後にエノテカやビッレリアで飲むケースも。つまり、いつでもお好きなときに楽しめばいいわけです。天気の良い日は、外のテラスでランチから♪ リラックスした旅行なら、そんなタイミングで飲むのもおススメです。

クラフトビールをオーダーしてみよう

birra3

シチリアのワイナリー「Donna di Coppe」から誕生したビール。麦芽感のあるまろやかな味わい。ラベルもカワイイ!

クラフトビールは、イタリア語で「Birra artigianale ビッラ・アルティジャナーレ」と呼ばれます。直訳すれば職人系ビール。オーダーのときには、こんな風に聞いてみましょう。

クラフトビールはありますか?
Avete birre artigianali?
アヴェーテ・ビッレ・アルティジャナーリ?


クラフトビールが飲みたいのですが。
Vorrei una birra artigianale.
ヴォッレイ・ウナ・ビッラ・アルティジャナーレ。

どのクラフトビールがおススメですか?
Quale birra artigianale mi consiglia?
クアレ・ビッラ・アルティジャナーレ・ミ・コンシッリア?

ここの土地のクラフトビールを試してみたいです。
Vorrei provare la birra artigianale del locale.
ヴォッレイ・プロヴァーレ・ラ・ビッラ・アルティジャナーレ・デル・ロカーレ。

ピエモンテのクラフトビールはどれですか?
Qual’è piemontese?
クアレー・ピエモンテーゼ?

ロンバルディアの lombarda
ラツィオの laziale
トスカーナの toscana
カンパーニアの campana
シチリアの siciliana

サラミやチーズと合わせたり、アペリティーヴォ時間ならスナック類と気軽な気分で。次回のイタリア旅行では、味わい深いイタリアのクラフトビールをぜひお試しください!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。