2015年グッドデザイン賞発表 「SKYZ TOWER&GARDEN」などが受賞
「ザ・パークハウス グラン 千鳥ヶ淵」がベスト100に

2015年の『グッドデザイン賞』が発表になりました。『グッドデザイン賞』とは、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度。50年以上にわたって、「よいデザイン」を顕彰し続けています。グッドデザイン賞では有形無形を問わず、様々な物事を応募対象として受け付けています。マンションの受賞も近年目立ちますが、防災や環境対策、コミュニティなど様々なデザインが受賞対象となっています。

◆グッドデザイン賞 オフィシャルサイト

それでは、2015年の分譲マンションでの主な受賞マンションを紹介します。
―――主な2015年グッドデザイン賞入賞マンション(分譲マンション)―――
「ザ・パークハウス グラン 千鳥ヶ淵」・・・三菱地所レジデンス
「ザ・パークハウス グラン 三番町」・・・三菱地所レジデンス
「ザ・パークハウス 上鷺宮」・・・三菱地所レジデンス
「ザ・パークハウス 追浜」・・・三菱地所レジデンス
「SKYZ TOWER&GARDEN」・・・三井不動産レジデンシャルほか
「パークホームズ駒沢 ザ レジデンス」・・・三井不動産レジデンシャル
「ヒルコートテラス横浜汐見台」・・・野村不動産ほか
「プラウド町田」・・・野村不動産
「プラウド美しが丘」・・・野村不動産
「Brillia Tower 池袋」・・・東京建物ほか
「Brillia ときわ台ソライエレジデンス」・・・東京建物ほか
「ミリカテラス」・・・大京ほか
「クレヴィア小竹向原」・・・伊藤忠都市開発
「クレヴィア多摩平の森RESIDENCE」・・・伊藤忠都市開発ほか
「イニシア文京根津」・・・コスモスイニシア
「イニシア行徳」・・・コスモスイニシア
「ブランズ二子玉川」・・・東急不動産
「ブランズ横濱馬車道レジデンシャル」・・・東急不動産ほか
「シティハウス文京小日向」・・・住友不動産
「シティハウス二子玉川」・・・住友不動産
「グランドヒルズ春山」・・・住友不動産
「ウェリス稲毛」・・・NTT都市開発
「アトラス調布」・・・旭化成不動産レジデンス
「ジオタワー高槻ミューズガーデン」・・・阪急不動産
「ジオ西宮北口ガーデンズ」・・・阪急不動産
「プレミスト薬院1丁目」・・・大和ハウス工業
「クリオ平和台」・・・明和地所
「アデニウム北小岩」・・・ジョイント・コーポレーション


グッドデザイン賞undefinedベスト100を受賞した「ザ・パークハウス グランundefined千鳥ヶ淵」

グッドデザイン賞 ベスト100を受賞した「ザ・パークハウス グラン 千鳥ヶ淵」

今年も多くのマンションが受賞しています。上記のうち「ザ・パークハウス グラン 千鳥ヶ淵」(三菱地所レジデンス)は、グッドデザイン・ベスト100にも選ばれています。敷地をとりまく内堀通りと千鳥ヶ淵と調和する建物配置や歴史ある風景をつなぎ、全戸千鳥ヶ淵越しの緑を一望の眺望を実現。軒庇や柱型に見立てたバルコニーや隔て板の意匠によって、日本の雰囲気を演出し稀少な場所のランドマークに相応しい外観になっています。

受賞企業の三菱地所レジデンスは、「築古ビルの耐震化とリノベーションによるバリューアップ転貸事業『Reビル』」、「マンションのランニングコストの見える化 」でも、株式会社メックecoライフとともに選ばれています。
「BrilliaundefinedTowerundefined池袋」

「Brillia Tower 池袋」の低層部

「Brillia Tower 池袋」(東京建物他)は、豊島区本庁舎と一体となった国内初の一体再開発事業。官民協働による「住まう」と「集う」をテーマに、低層の庁舎と高層の住宅を組み合わせ、安心安全な「住まう」場を提供しています。太陽光発電機能を有したガラスパネルなどの「エコヴェール」は、環境負荷を軽減します。

「プラウド美しが丘」の外観

「プラウド美しが丘」の外観

「プラウド美しが丘」は、南北の敷地をあえて中央に中庭を抱くコの字型配棟とし、96%の住戸を南向きに配し住まいとしての快適性を実現しています。駐車場の地下化によって中庭の開放感を確保しています。東側のファサードデザイン(写真上)は、とても洗練された感じです。

受賞作を見ると、デザインだけでなくコミュニティ形成の取り組みや建て替えなどの合意形成など、プロセスの評価も目立ちます。

「風通し」に挑む取り組み
「カスタマイズ」のためのガイドブックの作製

「ライオンズパッシブデザイン」(大京)では、マンションのセキュリティ性能を維持しつつ、風をマンション内に流れる仕組みを提案。開発から6年で、約4,000戸にシステムを採用しています。換気機能付き玄関ドアや通気ルーバー付扉、ストッパー付サッシなどで風の道をつくります。

「バリアフリー&クオリティオブライフ ガイドブック」(野村不動産)では、同社が提供する「オーダーメイドマンション」の取りくみで得た高齢者や障がい者の場合の空間構成のセオリーや設計の要点を提案し、作り手と住まい手のコミュニケーションツールとして使われています。

さらに「官民協働によるコミュニティガーデン」(伊藤忠都市開発)や「流山コソダツ計画」(三井不動産レジデンシャルほか)など、コミュニティ形成や子育てサポートなど様々な取り組みが受賞しています。

グッドデザイン賞では、こうした優れたデザインや仕組みを表彰することで、世の中に次の創造するための気づきを与えることを目指しています。そういう意味では、受賞作のデザインや仕組みが今後マンションに普及していくのかも知れません。長寿社会を含め、社会の変化で新たな課題が生れてきているのも事実です。日々の問題を解決してくれるような新しいデザインが、今後ますます生まれてくると良いと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。