タブレットが大きく普及するようになって、ハイエンドからローエンドまで、多数の種類がリリースされています。そんな中、Amazonからとても廉価なタブレット「Fire」がリリースされました。定価8980円ながらも、Amazonのプレミアム会員であれば、4980円になる破格のタブレットです。

「Fire」のスペック

ディスプレイサイズは7インチ(1024×600ドット)で、重量313グラム、内蔵メモリー8GB、WiFiは11n、CPUは1.3GHzクアッドコアと、ハイスペックなタブレットと比較すると低めですが、実用には耐えうるスペックです。

microSDメモリカードは128GBまで対応していますので、内蔵メモリの不足分はメモリカードで補うスタイルとなります。カタログ値では、バッテリー持続時間が7時間となっており、動作時間としては十分でしょう。内蔵カメラは2Mピクセルで720pのHDビデオに対応しています。

開封レビュー

袋型のオレンジ色のパッケージに入っています。

パッケージ

パッケージ


同梱物は、本体、USB充電器、USBケーブル、説明書。

同梱物

同梱物は本体、USB充電器、USBケーブル、説明書


本体裏面にAmazonのロゴ入り。

裏面

裏面


起動時に言語選択画面となります。

言語選択画面

言語選択画面


無線LANの設定を行います。

無線LANの設定

無線LANの設定


ソフトウェアアップデートになりました。

ソフトウェアアップデート

ソフトウェアアップデート


Amazonアカウントが端末に設定してありますので、すぐに使うことができます。

ホーム画面

ホーム画面



使用レビュー

ホーム画面を右にスワイプすると、コンテンツ画面になります。

コンテンツ画面

コンテンツ画面


電子書籍は、低解像度のディスプレイですが、読みやすい感じでした。

電子書籍

電子書籍


Amazonビデオも快適に動きます。

アマゾンビデオ

Amazonビデオ


ファーウェイMedia T1 7.0とほぼ同じ大きさです。

比較写真(左がFire、右がMediaPad)

比較写真(左がFire、右がMediaPad)


Fireは、AndroidベースのOSではありますが、オリジナルOSのため、Google Playには非対応です。しかし、Amazonストアで、主要なアプリはリリースされていますので、ほぼ通常のAndroidタブレットのように使えます。

Gmailアプリはありませんが、内蔵のメールアプリにGmailアカウントの設定は可能ですし、ブラウザはSilkというオリジナルブラウザですが、ホームページ表示で特に問題はありませんでした。FacebookやTwitterといったソーシャルネットワークサービスも、Amazonストアにてアプリが提供されていますので、利用が可能です。

Androidタブレットと操作方法が多少違うため、戸惑う部分はありますが、基本はAmazonのストアやコンテンツを利用するために最適化されていますので、Amazonのサービスを利用する場合は、便利に活用ができます。この価格で、十分な性能を持ったタブレットと感じました。活用していきたいと思います。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。