暴力ゲームは犯罪行為へのリスクファクターなのか?

では、ゲームの普及と最近の少年犯罪の増加との関連はあるのでしょうか? 先に述べた研究では、残虐なゲームは犯罪行為へのリスクファクターの1つであると示唆しています。しかし、そのつながりはもっと複雑であるとも言っています。

たしかに、普通で考えれば、ゲームはゲーム。実際、ほとんどの人は、ゲームの世界と日常生活を割り切っています。たとえ物事を暴力的に解決しようという発想が芽生えたとしても、罪を犯すようなことをしないよう理性が働く、それが普通です。だから、カッとなって喧嘩をしたり、友達と激しく口論したりすることはあっても、それ以上にはならず、抑制できることが大半なのです。

 

少年犯罪に至るケースとそうでないケースの違い

しかし、中には、止められない子がいます。それはなぜなのか? 大きな要因の1つは、止める人がいないからです。

この”止める人”とは、その場で腕を引っ張って引き留めてくれる人という意味ではありません。その子の心の中で、壁となって強く厳しく、しかも愛を持って立ちはだかってくれる存在を指します。

これを、心理学では「情緒的対象の恒常性」といいます。その子が心の中で、「僕は愛されている」「絶対的に守られている」と感じられる存在のことで、基本的には母親、父親がそこに入ります。この存在がしっかりと確立されていると、「愛されているから、守られているから、親を悲しませるようなことは絶対にしたくない」という強い抑制力になるのです。

暴力ゲームをしたからといって、犯罪に直結するわけではありません。逆に、ゲームを禁止したからといって、犯罪がゼロになるわけではありません。そのもっと手前にある大事な「情緒的対象の恒常性」が育っているか否かが別れ道であって、そこをしっかりやらないと、いくらゲームを管理しても、いつか別の形で問題が発生してくる可能性が高いと言えます。

これまでにも、これらの記事:
『ヘリコプターペアレント!親の過保護が仇になる』
『過保護はどうしていけないの?』
などで取り上げましたが、親がよかれと思っている愛の形が間違っていることもあります。親は「こんなに愛しているのに」と思っていても、それが子供にいい形で伝わっていなければ、とっさの抑制力にはなってくれません。

ゲームを管理することはもちろん大事ですが、まずはその根底から築き上げないとせっかくの管理が意味をなしません。子供に”正しく”愛される親は、子供を犯罪の道とは無縁の方向へと導いてあげられるのです。

 

関連記事

ゲームを受験生の敵にしないための3つの条件
ゲームが子供に与える良い影響と悪い影響!
子どもとゲーム、正義の味方なら暴力は許される?
ゲーム機バキバキ事件が子供に伝える裏メッセージ
子供をゲーム中毒にしたくない!親はどう管理すべき?
子どもとゲーム、正義の味方なら暴力は許される?
学習集中力の高め方!ゲームと勉強で態度が違う理由

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。