必要以上に活性酸素を発生させないのが抗酸化のカギ

人間が生きていくためには、呼吸をして、身体に酸素を供給する事が不可欠ですが、その呼吸によって取り入れた酸素の一部は、化学反応が起こりやすい「活性酸素」へと変化してしまいます。

活性酸素と聞くと身体の錆び付き=身体に悪いというイメージがありますが、実は免疫力向上などの働きもあるので、活性酸素全てが悪い訳ではなく、必要以上に増えた状態がエイジングを加速させる原因になると言われています。

 

活性酸素を発生させる紫外線をシャットアウト!

活性酸素を発生させる紫外線をシャットアウト!


ですから、活性酸素を必要以上に発生させないようにする事が大切です。活性酸素が発生する最大の原因とも呼べる紫外線対策をしっかり行いましょう。過度な運動も、活性酸素が発生してしまうためあまりお勧めできません。ストレスも活性酸素の発生に大きく関わるので規則正しい生活を送り、適度な運動をしてストレスを貯めない生活を送るようにしましょう。また、喫煙も活性酸素を発生させるので禁煙をお勧めします。
 

スキンケアと食生活で活性酸素を除去

活性酸素が大量に発生すると、体内の細胞を酸化させ、細胞の正常な働きが失われます。真皮のコラーゲンが変成し皮膚の弾力が失われることでシワやシミができ、ガン・動脈硬化といった大変な病気の引き金にもなると言われています。

カラダ本来が持っている抗酸化力は、年齢とともに低下してしまうので、スキンケアや毎日の食事で抗酸化力を補っていきましょう。まずは抗酸化作用のある成分を含むスキンケアからスタート!

抗酸化作用のある成分の筆頭は何と言ってもビタミンCです。美白成分として良く知られていますが、抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用など、美白以外にもさまざまな作用があります。その他にも発生した活性酸素と結びつく事で細胞の酸化を防ぐ働きも。

ビタミンC以外では、ビタミンEやアスタキサンチンなども抗酸化作用の高い成分です。こうした成分のスキンケアを使うのももちろん大切ですが、活性酸素が最も発生するのは日焼けをした時なので、毎日のスキンケアで紫外線対策をする事が肌の酸化を防ぐためにも重要です。

食事では、鮭やエビなどに含まれるアスタキサンチン、ごまなどに含まれるセサミン、緑黄色野菜に含まれるBカロチンやルテイン、ブルーベリーやなすなどに含まれるアントシアニンが代表的です。スキンケアに加え、上記の食品をバランス良く摂ることで、日々発生する活性酸素をできるだけ除去するようにしましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。