カラーの組み合わせ次第でキュートにも!

フレンチやチェック柄など、直線系のデザインは不器用で難しい…。でもネイルサロンみたいにオシャレなネイルにしたい! そんな方におすすめなのが、簡単なのにユニークな柄を作れるタイダイネイルです。タイダイというとエスニックや原色のイメージが強いかもしれませんが、今回のようにオレンジやピンクなどで作るとキュートに仕上がります。

スイートなタイダイ柄が新鮮!

スイートなタイダイ柄が新鮮!

やり方もシンプル! スポンジでトントンと順番に好みのカラーを重ねるだけ。ただ重ねる時に混ぜすぎてしまうとマーブル柄になってしまいます。重ねる部分と単色の部分のメリハリをはっきりつけるのがポイントです。

タイダイネイルの作り方・やり方

迷ったら万能なホワイトが◎

迷ったら万能なホワイトが◎

1.まずはベースコートを甘皮周りまでしっかり塗っておきましょう。次に、どんなカラーとも相性の良いホワイトのベースカラーを2度塗りします。








 

スポンジも3つ用意しましょう

スポンジも3つ用意しましょう

2.今回タイダイネイルに使うカラーはピンク、イエロー、オレンジの3色。初心者さんは同系色でまとめると、混ざり合ってしまってもキレイに見えます。 








 

付ける量はスポンジの先に少しでOK

付ける量はスポンジの先に少しでOK

3.最初はピンクのカラーをスポンジに少し取り、スペースを空けながらとんとんと色を重ねます。 次に空けておいたスペースに、イエローを同様に重ねましょう。








 

このひと手間でクオリティがアップ!

このひと手間でクオリティがアップ!

4.最後のオレンジは、黄色の上に半分くらい重ねるイメージです。黄色とオレンジが混ざり合い、デザインがぐっとオシャレに見えます。









 

シンプル派はトップコートを使用

シンプル派はトップコートを使用

5.ストーンを飾る部分に、シルバーのラメを曲線上に塗ります。均一でなくても上からストーンを乗せるのでザックリでOKです。









 

指先にジュエリーみたいな輝きを☆

指先にジュエリーみたいな輝きを☆

6.クリアのストーンやスクエアのパーツをラメの上に並べていきます。一気にデザインが華やかに! 










 

ツヤと持ちが良くなります

ツヤと持ちが良くなります

7.最後にトップコートを重ねて、完成です。エスニックテイスト以外にも、こんなにキュートなタイダイネイルに仕上がりました。









 

タイダイデザインバリエーション

テイストで選べる豊富なバリエーション

テイストで選べる豊富なバリエーション


(左)スカイブルーの空色でバカンスネイル
シルバーウィークにプチ海外旅行に行く人におすすめ! ホワイトのベースに、澄んだ空を思わせる爽やかなブルーを単色で重ねます。涼しげなシルバーのラメラインを引いて、星空のようなきらめきを。

(中央)スイートなキャンディタイダイ
キュート系のデザイン好きにはたまらないタイダイ×リボンモチーフの組み合わせ。コーラルピンクのベースに白でタイダイを描きます。最後にゴールドのラインテープでタイダイをくっきり際立たせて。

(右)タイダイを楽しめるネオンカラー
何色も重ねることができるタイダイならではの色遊び。ピンク、イエロー、ブルーのネオンカラーで指先を思い切り派手に彩ります。ヒトデやシェルモチーフを飾れば、まだまだ夏気分続行中!

 

ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
新宿校(03-3352-0233)、表参道校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)

ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、SHINJUKU(03-3352-0129)
GINZA(03-6252-3300)、HIROO by erikonail(03-3442-1155)
taAko-izu by erikonail(03-5785-2228)

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。