友達から恋人へ…その「決定的な要因」を知る!

本や映画を参考にしてもOK

本や映画を参考にしてもOK。とにかくコツをつかんでみましょう。

では、この『ティッピングポイント』の考え方を「友達から恋人候補として意識してもらう!」という目標に対して使うには、どうすればいいのでしょうか。

ひとつの方法としては、まず周囲に成功ケースをヒアリングすることです。
「どういう時に、今の恋人を特別な存在として意識したのか?」
「今のパートナーを“他の人と違う”と思った点は?」

――というようにこれが『ティッピングポイント』だ! と思える点を聞いていきます。

また、変化のために必要な行動は、「結果を生み出す80対20の法則~恋愛編~」で書いた通り、小さくてもいいのです。
「ここを変えるといいかも?」という点を、試しにいくつも変えてみてもいいかもしれません。
例えば、髪型や服装の色、相手と話す時間帯やお店など、わずかに行動を変えることで、あなたに対する相手の認識が変わることがあるかもしれません。

ポイント:あなたの『ティッピングポイント』を掘り当てる!

あなたやパートナーにとっての、恋人になる『ティッピングポイント』を探しましょう。

あなたやパートナーにとっての、恋人になる『ティッピングポイント』を探しましょう。

水の沸点のように、今までと同じ行動を続けたまま方向性を変えなくても、そのままの関係が恋愛成就につながるパターンがあります。
一方で、まったく変化を見せなかった関係が、ちょっとしたきっかけで急変して恋愛に発展するパターンもあります。

つまり、いつまでも友達のままで変化が生まれなければ、もう片方のパターンを試してみる、ということです。
「3回デートをすれば、相手は自分を恋人候補として考えてくれる」という人もいれば、「仕事のときとは異なるファッションでデートに行ったら、それまでと相手の反応はまったく違った」という人もいるでしょう。

自分と相手にとっての『ティッピングポイント』を知ってよい良い結果を出すために、ぜひ様々な成功ケースを知り、気軽に試してみてください。
それは1から100まですべてを変えることよりも簡単に、あなたの欲しい結果だけをピンポイントに与えてくれる方法かもしれません。

【関連記事】
結果を生み出す80対20の法則~恋愛編~
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。