まったくもってシャレ者「ミディアムクラスカブリオレ」

アウディA5カブリオレ

流麗なスタイルをもつアウディA5カブリオレ。2Lターボに7速DCTを搭載、クワトロ(4WD)も備え、価格は694万円

いわゆる欧州Dセグメント~Eセグメントにも、洒落たオープンカーが多い。なかでも出色は、アウディA5カブリオレ。スタイリングといい、内外装のコーディネーションといい、まったくもってシャレ者で、乗る人を選びそう。

そう、このクラスになってくると、オープンカーに乗るということは注目を浴びることと同義だから、自分のファッションセンスやクルマとのコーディネーションも試されるというわけで、内外両面の自信家にはぴったりの選択肢でもあるのだった。
BMW4シリーズカブリオレ

3シリーズクーペ&カブリオレに代わり登場したBMW4シリーズ。カブリオレには快適性と機能性に優れた3分割リトラクタブル・ハードルーフを採用。価格は850万~889万円

同クラスで、もう少し控えめな存在感というと、BMW4シリーズのカブリオレがある。こちらはリトラクタブルハードトップなので、ふだんはフツウのクーペだから、アウディほど気を遣って乗る必要もない。そのぶん、スタイルや雰囲気に、潔さがないというあたりが、開閉ハードトップモデルの欠点といえば欠点なのだけれども。
メルセデス・ベンツEクラスカブリオレ

Eクラスのモチーフを取り入れたスタイルのメルセデス・ベンツEクラスカブリオレ。遮音性に優れたアコーステックソフトトップや、風の巻き込みを抑えるエアキャップなどを採用。価格は733万~989万円

クラスをひとつ上げるとM・ベンツEクラスカブリオレがある。これもソフトトップタイプで、相当にオシャレ。ベンツだけれど、チップの色味にこだわれば、かなり上等。中身のメカは旧型Cクラスとさほど変わらない、というオチもあったりするが、性能的には問題なし。
フォードマスタングコンバーチブル

グローバルモデルへと進化したフォードマスタング。本国ではコンバーチブルも登場、日本にも2015年後半以降に正規導入予定とのこと

いや、人の目を気にすることなく、普段着でフルオープンを楽しみたいという向きには、アメリカ勢を薦めておく。フォードマスタングコンバーチブルが、今、旬だ。シボレーカマロコンバーチブルがそのライバルだが、クルマとしての完成度では新しいマスタングに軍配を上げたい。