汗対策

入浴

皮膚を清潔にするのが大切です

汗の不快感や臭いなどを避けるためには、汗そのものと皮膚に付着した細菌に対する対策が必要です。

  • 汗をかくような高温、多湿の環境を避ける
  • 汗をかいたら速やかに洗い流す
  • 石鹸などを使って、皮膚の皮脂や垢、細菌を減らす
  • 湯船につかって、脇などシャワーでは汗を流しにくい所をしっかりと洗い流す
  • 通気性のよい衣服を選ぶ
  • 吸水性で速乾性の下着にする
  • 汗取りパッドを使用し、こまめに好感する
  • 香辛料などの匂いの強い食材は避ける
  • 制汗剤を使う

身体にとって必要な汗ですが、一方で多すぎてしまうと、社会生活の中で悩みになってきます。

局所性多汗症は現在、様々な治療方法があります。塩化アルミニウム溶液を汗の多い部分に塗る方法、電流を流して汗を減らすイオンフォレーシスという方法、2012年11月より原発性腋窩多汗症に保険治療となったボツリヌス菌が産生する毒素を注入する方法がありますので、皮膚科などの医療機関で相談してください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項