毛穴の開き、あなたはどちらのタイプ?

夏は毛穴トラブルが目立つ季節ですが、一口に毛穴といっても毛穴タイプによってケア方法は違ってきます。気になる毛穴の開きには、皮脂分泌が過剰になることで起こる開き毛穴と、肌のハリや弾力をつかさどる真皮のコラーゲンやエラスチンが加齢で変性して起こるたるみ毛穴の2種類があります。

毛穴は皮脂を出す時に開くので、夏場は皮脂分泌が活発になりすぎると開きっぱなしになる傾向があります。夏は毛穴を冷やすケアに注目が高まりますが、毛穴は冷やしたり温めたりすることで開いたり閉じたりする物ではありません。皮脂分泌が過剰な場合は、収れん化粧水やピーリングなどの角質ケアが最適です。

収れん化粧水とは皮脂分泌をコントロールし、角質ケアをする化粧水。顔全体に使用するというよりは、小鼻や?の一部など毛穴が気になる場所に部分使いすることをおすすめします。
収れん化粧水で皮脂をコントロールして毛穴レス肌に

収れん化粧水で皮脂をコントロールして毛穴レス肌に


たるみ毛穴はまずはしっかりと保湿をしてあげること。その後にレチノールやビタミンC誘導体などのコラーゲン再生を促す成分の入ったスキンケア用品を使いましょう。また、日焼けをするとコラーゲンやエラスチンが破壊されてしまうのでたるみ毛穴が目立ってしまいます。毛穴ケアとは関係ないように思いますが、しっかりと日焼け止めを塗るようにしてください。


頑固な黒ずみ毛穴もスキンケアでキレイに!

毛穴の黒ずみは、過剰な皮脂が毛穴に詰まってしまったことが原因です。自宅で出来るケアとしてはピーリング効果のあるスキンケア製品(拭き取り化粧水、石鹸、美容液など)で角質ケアをすることが大切です。また、毛穴の黒ずみは皮脂が過剰に分泌することによる毛穴周りの色素沈着も関係しているので、角質ケアの後にはしっかりと保湿をしてから美白効果のある化粧品(ビタミンCなど)を使うとより効果が高まります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。