1. 「受けなの?攻めなの?」

ズバリ、セックスに関する質問です。LGBTの人と出会ったことがないストレートの人から頂くことが非常に多いです。純粋に気になるから質問したいという気持ちはわからなくはないですが、公の場で、自分がベッドでどんなことをしているかなんて、夜のゲイバーの酔った席とかならまだしも普段は話したくありません。
このようにセックスに関する質問を平気でLGBTに投げかける人は多く、その理由は彼らにとってLGBTや性的指向といったセクシュアリティに関することは、セックスに関することだと勘違いしているからです。セクシュアリティは性に関する“アイデンティティー”であって、セックスはその一要素に過ぎません。ストレートの男性が女性にモテようと男性ものの洋服を買うように、レズビアンは女性として女性に好まれそうな洋服を買う。そういうように、セクシュアリティは生活すべてにおいて関係するものであって、セックスはその中の一要素にすぎません。この質問をする人は、同じ質問を異性愛者の人にできるのでしょうか?
 

2.「ゲイの友だち欲しかったの~!」

多いですね、ゲイあるあると言えます。私はあなたの友達になりたいわけではありません。私という人間を気に入ってくれて友達になるのなら大歓迎ですが、“ゲイである”という側面だけで友達になりたいというのは「お医者さんと結婚したい」に近いものがあります。その人にとって結婚相手の人間性や中身なんて、「医者」という属性さえあれば何でも良いのです。私は相手にとって、「ゲイ」という属性さえあれば何でも良いんだな、私の人間性や性格とかは別に好きでもなんでもないんだな……と感じざるを得ません。また“ゲイ=オシャレで面白い”という余計な誤解が世の中に広まってしまっているので、私みたいなオシャレでも面白くもなく、ブラックユーモアでニヤニヤしているような人間には辛いものがあります…。
 

3. 「なんで女に興味ないの?」

失礼な質問は時に怒りを起こします

失礼な質問は時に怒りを起こします

この質問は「無知でかわいそうな人なんだなぁ」とゲイの人々に思われるレベルの失礼さだとは思います。「この人は自分のわかる範囲の世界が、全てだと思っているのだな」と判断されることでしょう。
「なんで女に興味ないの?」という質問は、ストレートの男性から頂くことがほとんどなのですが、必ず私は、「じゃあ、なんで女性に興味があるの?」と質問し返しています。すると相手は大抵、「あ~…」と言って黙り込みます。自分がなぜ女性に興味があるのか説明できないからです。ゲイ(というよりLGBT全体)もそれは同じです。私もなんで女性に興味なくて、男性に興味があるのかわかりません。
少しずれますが、「もったいない」という言葉もときどき頂きます。いい男なのにゲイだなんてもったいない……、.かわいいのにレズビアンだなんてもったいない……そういう言葉は、褒め言葉のつもりかもしれませんが、当事者の中にはうんざりしている人もいます。

自分の人生は自分で選択しているのに、それを周りがどうこう言う権利などない、と私は思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。