今回はこんな質問が届きました

Q.眉がすごく薄いのが悩みです。旅行先ですっぴんを見られるのが恥ずかしくて……。しっかりはえている人がうらやましいです。眉を少しでも濃くする方法などありませんか?(20代・会社員)


A.眉が薄いからこそ眉メイクが楽しめてむしろお得だと思いますよ!濃くする……は個人差がありますが、メイクで濃く見せるのは簡単ですよ!!

undefined

 

メイクで考えると、眉が薄いって短所ではなくむしろ長所かも。もともとあるものを消すのは大変だけど、加えていくのはメイクは得意。また眉は時代を映す鏡なので、ポジティブに考えれば「好きな形に変えられていいじゃない」ってところですが、でも、そうは思えない気持ちもわかります。だって面倒ですものね。

濃くするという点では、眉毛の育毛美容液などを信じて使ってみる。昔からありますよね。濃い眉が流行った‘80年代にも実は人気でした。今でも地味に需要があり、調べればけっこうあるんです。なので、ご自分が使いやすくて効果がありそうなものをまずはコツコツ継続してみる。何もしないより効果はあるはず!そう信じて使ってみて。

また眉が薄い人って、薄いから眉を整えないって人が実は多いんです。でも、薄いからこそ眉は整えたほうがいいの。周りのうぶ毛を処理してあげれば薄いながらも、眉の存在感がハッキリくっきり浮き上がってきますからね。なので、まずは眉の周りのムダ毛の処理をやってみて!違ってきますよ。

そのうえで、自然に“自前の眉毛風”に見せるアイブローメイクをやりましょう。眉があまり生えてないという方には、リキッド状のアイブローがおススメです。眉毛が欲しいなというところに1本1本、足すように描けばいいのです。数本プラスするだけでかなりリアルになるのでおススメです。

その他にも、アイブロウメイクアイテムには実は種類がたくさんあるんです。例えば、「シュウ ウエムラ」のなりたい眉になれる“3Dアイブロー スタイリング”シリーズ。ユニークなペンシルやパウダー、リキッドなどのタイプに加え、カラーバリエーションがとにかく豊富。中でも、リキッドタイプの「ブロー:インク」は筆先も短く、立体的な眉が描きやすいです。描いた上にパウダーを重ねればより、色持ちもよく自然な眉に仕上がりますよ。

ということで、薄眉でお悩みの方は、眉毛育毛剤で地道に眉を増やし、余分なうぶ毛を処理して自分の眉を際だたせる、そしてアイブローで自前風の眉メイク!どうでしょう?育眉はちょっと時間がかかるけど、うぶ毛処理でずいぶんすっきりするからがんばって。

山本さんのおすすめアイテム

 

より長く、濃く、美しい印象のまつ毛、眉毛にも使える美容液
資生堂独自のケア成分をたっぷりと配合し、健やかなまつ毛、眉毛に導く。育毛に定評のある資生堂の新製品で期待できそう。まつ毛、眉毛、両方使えるのでお得感も!資生堂 フルラッシュセラム(まつ毛&まゆ毛美容液)/4750円(税抜)8月1日発売/資生堂


 


 

筆ペンタイプで長時間長持ちするウォータープルーフのアイブロー
短めのブラシで描きやすく、汗や水にも強いウォータープルーフタイプ。全5色の中から自分に似合う色を選んで。ブロー:インク/ハニー グレイズ/3000円(税抜)シュウ ウエムラ




 

 

 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。