悩ましき二の腕のブツブツ。4人に1人が悩んでいる!?

G

二の腕のブツブツ気になりませんか?

ノースリーブや半袖になると、二の腕のブツブツ、ザラザラが気になりませんか?

この症状は、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」もしくは、「毛孔角化症(もうこうかくかしょう)と呼ばれる皮膚疾患で、別名「さめ肌」とも言われています。

ある調査によると、実は4人に1人の女性が悩んでいるのだとか。また、二の腕だけでなく、肩、太もも、ふくらはぎなどのも症状が出ている人もいるそうです。

 

どんな人が毛孔性苔癬になりやすいの?

子供のころから発症する人も多く、小学校高学年の約20%が罹患していると言われます。もっとも多いのが思春期で、20代以降は年齢と共に次第に軽減。30代には自然に消えていくそうなのですが、なかには消えない人も……。
また男性よりも女性に多いという特徴があります。

 


二の腕のブツブツの原因とは?

H

ブツブツの原因は色々

1、ターンオーバーの乱れ
2、遺伝
3、ホルモン代謝の乱れ
  
の3つが考えられます。

ターンオーバーが滞ることにより、角質が毛穴に過剰に溜まってしまい、皮膚の表面が盛り上がってブツブツしてします。肌触りも悪く、時には毛穴の周りで炎症を起こして、赤みを伴うこともあります。

また角質以外に、毛穴の中に毛が一緒に詰まっていることもあり、放っておくことはできません。


二の腕のブツブツ対策で、やってはいけないNG行為

J

入浴時にゴシゴシこするのはNG

NG1、ゴシゴシ擦る

古い角質を取り除こうと、入浴時にナイロンタオルでゴシゴシこすったり、過剰なピーリングで刺激を与えるのはもっともやってはいけないNG行為。

皮膚のバリア層が壊されて、炎症が悪化してしまうことも。まずは、皮膚をやわらかくするためにお風呂にゆっくり浸かって、やさしく丁寧に洗うよう心がけましょう。

NG2、潰す
ニキビを潰すと痕が残るのと同じで、二の腕のブツブツも潰すとクレーターになるだけでなく、色素沈着してしまう可能性もあります。そのため、絶対つぶさないよう気をつけましょう。

NG3、保湿を怠る
乾燥するとターンオーバーも乱れ、症状はひどくなります。夏はべたつくからと言って保湿を怠ると、それこそ今年の夏はノースリーブを着られない!なんてことにもなりかねません。顔のお手入れと同じように、化粧水などで水分を補給し、その後は保湿クリームでカバーしてあげると良いでしょう。

次のページでは、自宅でできるケアとオススメアイテム2品をご紹介します。