スカイツリー(R)ビューレストラン&バー「簾(れん)」
遮るものがないスカイツリー(R)ビューとアフタヌーンティー

東京スカイツリー(R)の眺めがいい北側のテーブル席

東京スカイツリー(R)の眺めがいい北側のテーブル席

遠すぎず、近すぎず、東京スカイツリーが見える東武ホテルレバント東京・24階「スカイツリー(R)ビューレストラン&バー 簾(れん)」。東京スカイツリーまではわずか1.5kmほどの距離で、この空高くそびえるタワーを眺めながらアフタヌーンティーが楽しめる希少なスポットです。アフタヌーンティーはいろいろなホテルで提供されていますが、こんなに近くで、しかも、眺望を遮るものもなく東京のシンボルを見られるところって珍しいと思います。


お子さま連れもウェルカム!

アフタヌーンティーセット。写真は2名様分。取材時は曇りでしたが、はっきり見える東京スカイツリー。その日の天気によっても見え方も感じ方も変わるのも魅力ですね

アフタヌーンティーセット。写真は2名様分。取材時は曇りでしたが、はっきり見える東京スカイツリー。その日の天気によっても見え方も感じ方も変わるのも魅力ですね

一日20食限定。内容は正統派で、サンドウィッチ、スコーン、スイーツという構成です。

風味豊かな食感のプレーンスコーン

風味豊かな食感のプレーンスコーン

なかでも最もオリジナリティが感じられるのは、スコーン。岩のようなごつごつしたルックスで個性的。アフタヌーンティーセットがテーブルに運ばれてくると、このスコーンからバターの香りがふわ~っと漂います。ざっくりとした食感とバターの風味は豊かなスコーンは、甘さが控えめなのでクロテッドクリームやブルーベリージャムをつけていただくのがベスト。スコーンはプレーン1種類。クロテッドクリーム、ブルーベリージャム、ハチミツつきです。

遅めのランチを兼ねてもよさそうなサンドウィッチ

遅めのランチを兼ねてもよさそうなサンドウィッチ

この日のサンドウィッチは、パストラミと野菜(トマト・レタス)の2種類が3セット。食べやすい一口サイズで、薄切りのパストラミを何重にも重ねています。

スイーツ2種は季節により変わります。写真はロールケーキとクレームブリュレ

スイーツ2種は季節により変わります。写真はロールケーキとクレームブリュレ

ケーキは2種類。アフタヌーンティー用にホテル内のペストリーで作られています。ケーキの種類は季節によって変わるということで、取材時にはロールケーキとクレームブリュレでした。ロールケーキは柔らかいスポンジにクリームたっぷり、クレームブリュレは、表面を焼き付けたキャラメルの苦みに卵のコクが絡んでいます。


紅茶とジュースを一緒にオーダーしてもOK!
ドリンクのオーダーは2種類チョイス

少し大きめのカップにたっぷりの紅茶。最初にオーダーしたものであればおかわり可

少し大きめのカップにたっぷりの紅茶。最初にオーダーしたものであればおかわり可

アフタヌーンティーセットで選ぶことができるドリンクは2種類あります。

<以下のなかから1種類>
紅茶(ダージリン、アールグレイ)
ジャスミンティー
コーヒー
ココア
<さらにこちらから1種類>
オレンジジュース
アップルジュース
パイナップルジュース
クランベリージュース
ブルーベリージュース


人気はアールグレイとクランベリージュースとのことでした。アールグレイは、柑橘のすっきりとした香りが爽快。渋みは弱く飲みやすさが強調されています。カップは、モーニングカップのようにやや大きめサイズでたっぷり。
ジュース類からも選択肢が多いのは特徴的で、ファミリー層も多いという同ホテルの配慮を感じます。ドリンクは最初にオーダーしたものであれば何杯でもおかわりが可能。

週末はあっという間に限定数に達することもある人気のメニューなので、予約しておいた方がいいようです。また、予約時に北側のスカイツリー(R)ビューをとることも可能です。

【店舗情報】
東武ホテルレバント東京
スカイツリー(R)ビューレストラン&バー簾

東京都墨田区錦糸1-2-2
Tel : 03-5611-5591(レストラン予約課 10:00~19:00)

アフタヌーンティー (一日20食限定)
時間 : 14:00~16:30(ラストオーダー 15:30)
料金 : 一名様 2150円(税・サービス料10%別途)

■関連リンク
東武ホテルレバント東京

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。