女性も30歳を過ぎると社会人としてはベテランです。なかにはバリバリのキャリアウーマンの方もいると思います。周りにはまだまだ独身の仲間がいて、仕事もおもしろくなり、気持ちにも経済的にも余裕が出てくる年齢。

しかし、私たち結婚紹介所では、30歳から34歳は「結婚真剣勝負の年齢」と考えています。というのも35歳を過ぎた途端に、男性からの指名が激減するからです。

女子会は既婚者とだけするべし

20代までは女子会は禁止ですが、30代になったら条件付きで女子会に出てもいいです。その条件は、あなた以外はすべて既婚者という女子会です。話題は結婚生活、子育て、姑ばかり。既婚者の女子会のなかに、1人独身のあなた。居心地は最悪です。疎外感を充分に感じて、結婚できていない自分の尻を叩くのです。

ボディラインを強調すべし

女性ならではのボディラインは最大の武器!

女性ならではのボディラインは最大の武器!

仕事に追われてファッションがおろそかになっていませんか?たまに買い物に行ってもビジネス用のスーツか、その真反対のゆるいシルエットの楽ちんな服、歩きやすさ重視のぺたんこな靴ばかり買ってはいけません。30代からは大人の色気を意識した服を選んでください。ボディラインが浮き上がるファッションと、足が美しくなるハイヒールで女っぷりを強調してください。

お金と暇は婚活に使うべし

30代でそれなりに仕事をこなしていれば、そこそこお金に余裕が出てくる頃です。だからといって、休みの度に海外旅行したり、ブランド品を衝動買いしたりしていては結婚はできません。今から結婚生活を想像して経済観念を身につけてください。

そのために無駄のないお金の使い方をしましょう。男性は女性のお金の使い方を、特によく見ています。旅行や衝動買いに使える暇と時間は、婚活に使いましょう。

個人の名刺を作るべし

仕事に追われていると中々出会いがありません。だからこそ出会いがあれば、そのチャンスを逃してはいけません。とは言っても初対面で、連絡先をきくのは勇気がいります。そんな時のために、個人の名刺を用意しましょう。個人の名刺には住所は書かず、FacebookやTwitterのアカウント、差し障りのないメールアドレスや携帯番号を載せておきます。必ず手渡ししてください 。

>>次のページでは婚活の必須ツールをご紹介!