現在進行中のプロジェクトに関する書類を入れておくのによく使われる、クリアフォルダー。「とりあえずファイル」の代表選手だ。手軽に使えて便利だ。ただ、少々味気ない感じもする。

書類というものは、仕事の中で大切な存在。それにふさわしいファイルに入れるべきという考え方もある。これは、とりあえず入れておくという手軽さと携帯のしやすさ、そしてデザイン性も兼ね備えている。


従来のファイルを美しくデザイン

TOTONOEundefinedファスナーファイル

TOTONOE ファスナーファイル 500円+Tax


ファイルのジャンルとしては、従来からある「ファスナーファイル」というものだ。

TOTONOEundefinedファスナーファイル

このファスナーは手で簡単に曲げられるようになっており、これで書類を固定する


ファスナーとは、メタル製のスリムな綴じ具。フレキシブルに折れ曲がり、2穴パンチで穴を開けた書類を綴じられるようになっている。今やオフィスでもめっきり見かけることが少なくなっている。そのファスナーもTOTONOEの手にかかると真鍮にしてこんなにも美しくなってしまう。

TOTONOEundefinedファスナーファイル

ファスナーはTOTONOEが特注して作った真鍮製


外観は厚みのあるボードをPPフィルムでくるんだだけというシンプルさ。その中で落ちついた金色の真鍮ファスナーが少しだけ顔を見せている。

TOTONOEundefinedファスナーファイル

真鍮製のファスナーが外から見える


書類の中でもよく閲覧するものは、このファスナーにしっかり綴じ込んでおき、あとで取り出す必要がある書類はファスナーには綴じ込まずに、はさみ混んでおくだけでいい。フラットなのでカバンにも収納しやすい。厚みがあるので、ファイルを開いたままの筆記も快適にできる。

TOTONOEundefinedファスナーファイル

このようにフラットなので、鞄などにも入れやすい


デジタルの普及に伴い書くことが減り、お気に入りのペンを持つようになってきている。書類のファイルにおいても、とっておきを持つという流れになっていくのだと思う。

TOTONOEundefinedレターファイル

書類をもう少したくさん綴じたいという時のために「レターファイル」というタイプもある。600円+Tax

TOTONOEundefinedレターファイル

こちらは背に厚みがある。


TOTONOEundefinedレターファイル

とりあえず入れておくファイルを美しく携帯できるようになる


■関連リンク
TOTONOE





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。