ママ友付き合いの悩み 2つの典型パターン

ママ友ストレスをなくす共通ルールって?

ママ友ストレスをなくす共通ルールって?

子供を介した付き合いで始まる“ママ友”。身近な情報交換ができる頼もしい存在でありながら、時にその距離にとまどうこともあります。

では、ママ交流ってどうして難しく感じるのでしょう? まずは、よくあるママ友ストレスのパターンを見ていきましょう。

■パターン1:自分の位置関係が気になってしまうケース
知り合って間もなくの時期は、どのママもどう接していいか、その距離感に迷うもの。「今度のお茶会、参加した方がいいかな」と顔を出してみたものの、帰り道、「○○さん、私のことどう思ったかな?」「私、変なこと言っていないよね?」という思いが心をよぎる…こんなことありませんか? なぜ気になってしまうのでしょう? それは、共通点よりも違いの方が多く感じられるから。

「今ここで子供を育てている」という大きな共通点がありながらも、年齢や育った環境も違う、それまでの数十年の経験も違う……。学生時代のクラスメートや会社の同期などとは、スタート時点の距離が全く違います。その違いをポジティブに捉えられると、「○○さんって私と全然違うからすごく刺激的!」となりますが、マイナスに捉えはじめると、ストレスへと発展しがち。「あまり乗り気じゃなかったな」「私、失礼なこと言ったかも…」と自分の想像の中で、どんどんそのママとの関係性を完成させてしまって、次に会った時にはなんだかギクシャクということも。

■パターン2:子供同士の関係とママ同士の関係がアンバランスなケース
新生活が始まって、ちょっと落ち着いたかなと思ったら、今度は子供同士のいざこざ勃発。誰と遊ぶか、何で遊ぶかでもめたり、やった、やらないでケンカになったり。まだまだ子供同士で解決できない年齢のため、親に泣きつくこともたびたび。ママ同士はとても気が合っているのに、子供の関係でギクシャクするというパターンも多いもの。

またはこの逆で、子供同士はとても仲がいいけれど、ママ同士はどうもそりが合わない。会話も弾まないし、気も遣う。かといって、子供と一緒に行動することが多いから、しょっちゅう一緒にいることになり、話題に困る……。

子供の年齢が低ければ低いほど、ママのネットワークは子供のネットワークとかぶるようになります。この2つは、それゆえの悩みと言えるでしょう。

とはいえ、これらの2つのパターンは、多かれ少なかれ誰もが通過する道。少々の悩みは誰でもあるものです。でも、中には、大きなストレスへと発展していくケースもあります。何とかやりくりできるママと、ママ友ストレスで追い込まれるママ、どう違うのでしょうか?

>>次ページで、その違いと対処法についてお伝えしていきます。