「ママ友関係に振り回されるのが悩みで、FB辞めました」

「小さな画面上のほんの数行の言葉が気になる……」

「小さな画面上のほんの数行の言葉が気になる……」

ママ友間でのFBトラブルやストレスが話題となっている。SNSを活用してきた世代が親となる時期に突入してきたことも大きな要因だと思うのだけれど、ママ友とSNSで繋がって情報交換をしたり、家族や子育ての悩みを相談したりなぐさめたりしているうちに、ふとしたきっかけで人間関係がこじれてしまうのだという。

あるワーキングマザーは、「初めはフェイスブック(以下FB)でママ友と繋がって、仲間がいるという感覚に励まされたり、情報交換を楽しんでいたけれど、今は距離を置いています。スマホからFBアプリを削除して、たまにウェブでFBを見ても、終わったらログアウトする自分ルールを作りました」と語る。

そこへ至ったのは、自分がFBの人間関係や、他人の投稿に振り回されていると感じ始めたのがきっかけだという。「小さな画面の中のたった数行の情報に過ぎないのに、気にし始めるとそれにすごく振り回され、そんな時間が仕事しているとただでさえ子供と一緒に過ごす時間が少ないのに、もったいない、無駄だと思ってしまうんですよね……。」

たとえば備忘用育児録のようにして気軽に書いた「今日、うちの子が初めて立ちました!」が、子どもの月齢が近い人にとってはひょっとっすると成長の個人差などを気に病むきっかけになってしまうかもしれない。「自分の投稿を見るのも、仲の良い友だちから仕事関係者、会社の人、顔だけ知っている知人など、色々な現実で繋がりのある人が読むことを意識すると、あれこれ考えすぎて投稿しづらく、結局面倒になってしまうんです」。

「いいね!」への思いも様々……FBはどう使われてる?

今日もFBのいいね!ボタンをいろいろな思いで押す何億もの人々がいる。

「すごーい! いいね!」「いいねぇ」「いいんじゃない」「はいはい、いいねいいね」「どうでもいいねw」「知らんがな」「こないだ押してくれたから、お返し」「はい、見ました」、などなど。ひとのポストに対して押される「いいね!」の裏にも、いろいろ入り交じった感情が込められているものだ。

ポストの内容だけではない。プロフィールからは自分の出身や学歴が一目瞭然、友だち関係を探れば、ともすると家族関係や夫の本名、職業、学歴、親兄弟、設定によっては最近いつどんな買い物をしたかまで丸裸になるFB。使われ方は様々だが、そこに個人情報が詰まっていることを意識しているユーザはどれほどいるだろうか。

自分の使い方ももちろん、ひとの使い方が自分へ影響してくることもある。承認なく子どもの写真をポストされたり、普段は大人しいのにFB上では毒舌など普段とあまりにも違うネット上の人格にどちらを信じていいのかわからなくなったり。で、よく言われるのが「フェイスブック疲れ」。その手のSNS疲れはミクシィ時代からよく言われていたことだが、FBは本名登録が基本であるために、いっそう現実の暮らしとネット空間の振る舞いが混在して、ややこしい。

ネットではFBは「顔本」と呼ばれて、逆にネット慣れしているなら絶対手を出さないSNSの筆頭とされる。アンチ顔本派は、顔本はリア充の自己顕示欲を満たすメディアだと言う。別の言い方をすると、友だちの数を揃え、デザインをいじり、日常の小さな切れ端に過ぎない演出された写真(それはつまり非日常だ)を公開し、自分の言葉でなくともウェブのどこかで見つけたカッコ良さげな文章を「シェア」すれば、まるで自分がそれを言ったかのような気分になれる。FBの中で、人は等身大よりもはるかに大きくてカッコ良くてイケてる別人になれる。

>>FBを「本当に使うべき人」と「本当の使い方」