幼稚園バス停のママ友、始めは仲が良かったのに……

幼稚園ママ友との付き合い方に悩む人も多い

幼稚園ママ友との付き合い方に悩む人も多い

空気の良い地方でのんびり育ち、就職で上京しご主人と出会ったMさん。東京郊外の人気の住宅地で子育てを始めたのですが、長男の幼稚園選びでとても悩みました。

あれこれ吟味した結果、彼女が選んだのは延長保育や習い事などのサービスが充実し、中には私立小への「お受験」をする子どもたちもいる幼稚園。環境もよく、楽しい幼稚園生活が期待されるはずでした。

先生も優しくて楽しい方ばかり。同じクラスや園バス停のお母さん達同士で自己紹介し、園生活は穏やかにスタートしました。以前は長男を保育園に預けて仕事を続けていましたが、次男が生まれたのを機に仕事を辞め、いわゆる「幼稚園ママ」としての生活にも少し興味があって、しばらくは自宅で勉強をしながら子育てに専念するつもりでした。

5人のバス停仲間、特にR子さんとは、同じ年少組の親、しかもご近所とあって、母子ともに仲良くなりました。R子さんは、東京の有名企業でOLとして勤めた後、30歳前に結婚退社、30代後半で出産した専業主婦。経済的に余裕のあるR子さんは、海外旅行も頻繁に行ってとてもお洒落です。「バブルの最後の方」にギリギリ間に合ったという若い頃の武勇伝もたくさんあり、華やかで話上手なR子さんはあっという間にバス停のリーダー的存在に。

突然始まった、ママ友グループの無視

ところが、M子さんが子どもを連れて実家で満喫した、楽しい夏休みが明けたときのこと。2学期が始まってMさんがバス停に行き、久しぶりに挨拶をすると、お母さんたちが全員M子さんに背中を向けて話を続けるのです。R子さんも、Mさんが空気であるかのように視線も合わせません。

「何かあったの?」と訊いても、みんな意味ありげに顔を見合わせるだけ。理由もわからず、毎日顔を合わせざるを得ない場所での無視にショックを受けたMさんは、ストレスで母乳が止まりました。長男の話では、仲が良かったはずのMさんの長男とR子さんの息子も、園で全く遊ばなくなったとのことでした。

>> リーダー格のママを怒らせたらどうなる!?