ママ友トラブルはなぜ起こる?

なぜ当初は楽しかったはずのママ友ワールドが、いつの間にか「ママ友地獄」に変わってしまうのでしょう? そこには、子育て中の主婦のお付き合いに多いトラブルポイントがあるからです。

リンク: ママ友ワールドが「ママ友地獄」に変わるとき [ストレス] All About

ママ友ワールドが「ママ友地獄」に変わるときいったい何が?

楽しくもあり、わずらわしくもあるのが「ママ友」のお付き合い。楽しかった集団に、なぜ葛藤が生まれ、トラブルが発生するのでしょう? ママ友ワールドという集団の特徴を考えてみましょう。

出典: ママ友ワールドが「ママ友地獄」に変わるとき [ストレス] All About

8つのタイプ別トラブル解消法

“鍋・釜・財布丸見え”状態の「集合住宅ママ」

幼い子どもの多いマンションなどの集合住宅では、つきあいが濃くなり、“鍋・釜・財布丸見え”の状態に。その結果、抱える思わぬストレスとは? 集合住宅が抱えやすい「ママ友ストレス」について考えます。

出典: 集合住宅の「ママ友ストレス」の落とし穴! [ストレス] All About

公園を占拠する!? 「公園ママ」軍団

公園でのママ同士の付き合いがストレスになり、「公園うつ」になっていませんか?公園うつになりやすい人は、ある決定的な間違いを冒しています。

出典: 子育てママ必見!「公園うつ」を防ぐために [ストレス] All About

既読スルーで仲間はずれ?「LINEグループママ」

ママ友の間でLINEトラブルがたくさん起きています。典型的なトラブルの実例と共に防ぎ方のポイントについて詳しく説明します。

出典: 既読スルーで仲間はずれ?ママ友のLINEトラブルと対策 [インターネットサービス] All About

いいね!がプレッシャー…「Facebookママ」

あらゆる個人情報もオープンになってしまう、FBでの友だち関係。子どもの自慢投稿を見ていいね!を押したりコメントをつけなければいけないプレッシャーやマナー違反を見てないふりなどのストレス。SNSでのママ友付き合い、どうすればいい?

出典: 「FB疲れた、もうやめたい……」ママ友トラブル続出? [子育て事情] All About

苦手でも避けられない!「幼稚園ママ」

幼稚園では、子どもを通して親同士のお付き合いが必要になります。「苦手だ」と思っても、子ども同士が仲がいいとどうしても顔を会わせる機会が減らないもの。それが「ママ友」付き合いの難しいところです。

出典: 幼稚園ママ友トラブル対処法 [幼稚園] All About

張り合って破たん!? 「お受験ママ」

ブランド品や旅行、習い事、お受験……などなど、身の丈以上にがんばって子どもにお金をかけてしまった結果、いつの間にか家計が火の車に!というケースは、意外とよくあるようです。あなたは大丈夫ですか?

出典: 家計が火の車?! 身の丈以上の育児に警鐘 [幼稚園] All About

高額ランチに誘う「セレブママ」

「8000円ランチに誘って、困る一般人ママを見て笑うセレブママ」? こんな悪趣味な「ママカースト」なる上下関係は実在するの? そしてあなたの反応でわかる、「ママカースト」内での位置とは?

出典: 高額ランチへの反応で分かる、あなたのママカースト [子育て事情] All About

永遠のすれちがい!? 「働くママ VS 専業ママ」

学校PTA役員を選出するという場面でよくある専業ママと働くママとの闘い。雇用状態にあるかないかという違いだけで一人の女性なのに、どうすればうまくいくのか、改めて考えたいところです。

出典: ワーキングマザーが、専業主婦に言ってはいけないNGフレーズ | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

ママ友トラブルを深刻化させないための心得

牛やヤギは草を反芻しますが、人間は言葉を反芻します。その日に起こったこと、つい言ってしまったことなどを、しばらくたってから頭の中に思い浮かべ、あれこれと自己評価していくのです。いい自己評価なら大いに結構なのですが、あいにく反芻グセはネガティブに展開することが圧倒的。

リンク: ママ友ストレスを深刻化させないたった1つの処方箋 [子育て] All About

ママ友ストレスを深刻化させないたった1つの処方箋

身近な情報交換ができる頼もしい存在でありながら、時にその距離にとまどうこともあるママ友。ネガティブな「反芻グセ」を直せばきっとうまくいくはずです。

出典: ママ友ストレスを深刻化させないたった1つの処方箋 [子育て] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項