「なんで中学受験をするの?」という問いは、いつも咎めるような空気を纏っていた

中学受験をする意味は、人それぞれ

中学受験をする意味は、人それぞれ

「なんで中学受験(なんか)するの?」その問いをこれまでに何度受けたことか、正直、もう思い出すこともできないくらいなのです。

振り返ると、私自身も中学受験をし、その後予備校や中学受験塾で講師をし、娘も中学受験をし、仕事では中学受験を始めとした教育一般についてちょろちょろ書くという、そんなわけで中学受験とは人生まるっと腐れ縁。

自分自身も、夫も、双方の親きょうだいもほとんど中学受験をしてきた上、私を含め女子は女子御三家出身者ばかりだったので、いざ自分の娘の番になったとき、中学受験を「しない」という選択肢のほうこそ私の中にはなかった。

以前から「なんで」と友人や仕事仲間や「ママ友」に訊かれるたび、そういえば何故だろうと思うのですが、その答えはなかなか明確には出て来ないのでした。ですから私はいつも言葉に詰まって、うつむき加減に「自分もしたから」などという返答しかできず、そして友人達はいつも腑に落ちたような落ちないような、そんな顔をしていました。

しかし、この「なんで中学受験を」という問いは、咎めるような空気を纏うときがあることに気づくのです。「受験準備にも通学にもお金がかかるのに」「子どもに夜まで塾通いをさせて、大人の都合で子どもに負担をかけるなんて」。

特に地方出身で、地元でよくできた人ほど、受験といえば中学でなく高校受験、私立は公立高に入学できないレベルの生徒がお金を払って受け入れてもらう場所というイメージがあるようで、「わざわざ小さいうちから勉強してどうして私立なんかに」という言外の意を含んでいるのは、これは地域性の問題もあるのでしょう。

実際に私が育った神奈川県東部は、首都圏でも有数の高い中学受験率を持つ地域。いわゆる難関国・私立校がたくさんあって、中学受験市場が成立するのは、やはり人口が多く競争も激しい都市部に顕著な現象なのです。

>> どうして公立中学じゃダメなの?