【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
「仕事がデキる男がモテる」のは、なんとなく想像がつきますよね。ですが、「仕事がデキる男」のどういったトコロが実際に女心をくすぐるのかご存知ですか? 今回は、そんな「女心をくすぐる」具体例と、その理由についてお話しいたします。

誰よりも頑張る姿に胸キュン

ハートを持って微笑む女性

女心がわしづかみにされる「胸キュンポイント」とは?

スマートに仕事をこなすのはもちろん素敵ですが、難題に一生懸命取り組む姿や、皆が嫌がる仕事を率先して行う姿勢もまた胸キュンポイントだったりします。

そこには、「仕事というものが決して楽しいだけのものではないと誰もが分かっている」という大前提があります。自ら楽しんで行う「趣味」ではなく、人によってモチベーションに差がある「仕事」というものに対してだからこそ、そこへ真っ直ぐに向き合う姿がカッコイイと感じるのです。

一心不乱に仕事に打ち込む姿には、自身の仕事に対する誇りや信念をも感じさせます。そんな芯のある前向きな姿勢に女心はわしづかみにされるのです。

また、本当に仕事がデキる人は、他人の悪口を言ったり、責任転嫁したり、不必要に泣き言を漏らしません。そんな強さや器の大きなところにも、女性はうっとりするのです。

完璧そうでいて、時に抜けているのが最高に可愛い

頭の回転が速く、瞬時に的確な判断を下す「デキる男」。そんな男性を見ると、女性は「この人は、きっと何事も完璧に違いないわ」と思うもの。ですが、この世に完璧な人間など存在しないのも事実……。どんなに完璧に見える人にも、ちょっとくらい抜けているトコロがあるものです。

たとえば、ランチに食べた麺類のスープがほんの少しシャツにハネて染みを作っていたり、海外出張へ向かう際にパスポートを忘れたり、新しいビジネスプランを考え始めると他のことに気が回らなくなって寝食を忘れてしまったり……。完璧に見える男性の「どこか抜けているトコロ」を見つけたときに、思わず母性本能が疼くのです。

そしてなにより、完璧過ぎる人はカッコイイけれど隙がなく、憧れと共に寂しさを感じてしまうものですが、完璧に見えても、そこにヒョイと入り込めそうな小窓があると嬉しいのが女心というもの。ですから、完璧そうでいて、時に抜けている男性を「最高に可愛い! もっとそばにいたい!」と感じるのです。

次のページに続きます。