ノートブック、セクション、ページの作成

無料で使えるマイクロソフトの OneNoteとは?」では、「ノートブック」「セクション」「ページ」という3つの単位について説明しました。「ノートブック」が1冊のノートだとしたら、「セクション」はノートの区切り、「ページ」は1枚1枚のページにあたります。念のため、以下の図をもう一度、掲載しておきますね。

「ノートブック」「セクション」「ページ」

「ノートブック」「セクション」「ページ」


OneNoteを起動すると、あらかじめ「個人用(Web)」という名前のノートブックが用意されます。これは、OneNoteが用意してくれる練習用のノートブックです。ここに情報を入力してもいいのですが、せっかくなら、お仕着せの練習用ノートブックではなく、自分専用のノートブックを作って活用しましょう。そして、新しいノートブックを作ったら、その中に「セクション」と「ページ」を作る方法も覚えておきたいところです。

>次ページでは、新しい「ノートブック」を作る手順を説明します。