聞こえるふり、わかったふりは後々困ることに

英語で会話をしていると、わからない単語やフレーズが聞こえて来たり、どう答えるのが良いかわからなかったりして、つい黙り込んでしまうことはありませんか?

日本人は、英語圏の人々と比較すると、それほど表情豊かに話さないので、表情乏しく黙り込んでしまう姿を見て、怒っていると勘違いされたり、なにか失礼を働いたのではないかと相手を心配させたりしている可能性があります。

tui

ついあたふたして黙ってしまいがちに

また、グループで会話しているときに特にそういう傾向が見られますが、聞き直したり、もう一度説明してもらったりするのに気が引けてしまって、つい笑顔で聞こえているふり、わかったふりをしてしまうことはありませんか?

でも、ちょっとしたひとことで「聞き返す」ことが、このような事態を避けることが出来るのです。今回は、「聞き返しの表現5選」をまとめてみました。

もう少しゆっくり話して欲しい時

1. Slowly, please?
(ゆっくり話して下さいませんか?)

この他にも、次の文のように、英語がそこまで得意ではないことを伝える文を加えても良いですね!
2. I'm a beginning learner of English.
 
(英語初心者なんです。)

もう一度繰り返して欲しい時

何度も繰り返し聞くのは気が引けますが、それでもわかるふりをしてずっと聞き続けると、結局話を振られたときにも参加出来ず、楽しめません。思い切って聞いてみましょう!

3.  Could you say that again?
(もう一度仰って下さいますか?)

Once moreという言い方をよく耳にしますが、これはさながら英語の先生が、「はい、もう一度!」と生徒さんにスパルタレッスンを課す時のフレーズだとお伝えすれば、ビジネスシーンにはふさわしくないとおわかり頂けると思います!

相手の発言でわからなかった単語の意味を確認したい時

4. What do you mean by ○○?
(○○とはどういう意味ですか?)

○○に聞き取りきれなかった単語を入れます。当然聞き取れていないので不明確ですが、それで構いません。その代わり、つかさず聞くことが大切です。

ちなみに、What do you mean?というフレーズは、相手を責めながら「どういう意味?!」と尋ねるニュアンスがありますので、使う場面には注意が必要です。

相手の発言が部分的に聞き取れている時

5. 5W1Hを活用する

相手の発言の一部を繰り返して、それに5W1Hをつける方法です。会話例のAさんの「……」が聞き取りきれなかった箇所として読んでみて下さい。

A: Could you fax the document by......?
B: By when?

A:この書類を……までにファックスしてくださいますか?
B:いつまでに、ですか?

相手の発言のby(~までに)にwhenを足すことで、「いつまでにですか?」と聞き返すことが出来ました!

この要領で、who, what, where, howなどを絡めながら聞き返せば、相手に失礼なく、正確に聞き取りたかった箇所を繰り返してもらえます。

いかがでしたか?
少しだけ勇気を出して、思い切って「聞き返し」してみてくださいませ!




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。