世界で愛される「いないいないばあ遊び」

顔を手で隠して「いないいない……」、手をはずして「ばあ!」。赤ちゃんだけでなく1~2歳の子も楽しむ、いないいないばあ遊び。

日本だけの遊びではないようです。英語での表現「Peek-a-boo(ピーカ・ブー)」は耳にしたことがある方もいるでしょう。そのほかにも、フランス語「Cache-cache cou-cou(カシュカシュ クークー)」、ドイツ語「Gugus dada!(グーグス ダーダ)」、イタリア語「Bao bao cette (バオバオ シェッテ)」など、各国に同じような遊びをする際の表現があるようです。フィリピンでは「Eat Bulaga!(イート ブラガ)」と言いながら、いないいないばあ遊びをするそうだと、フィリピンにゆかりがある友人が教えてくれました。このシンプルな遊びは、世界で広く愛されているようですね。

このシンプルな遊びには、赤ちゃんや小さな子の社会性を育んだり、ことばを引き出していくという力があることをご存知でしょうか。いないいないばあ遊びの人気の秘密と効果、遊び方の楽しいバリエーションをご紹介します。


「不安や期待の後の喜び」が心を刺激

笑う赤ちゃん

「ばあ!」でニコニコ

赤ちゃんにとっての「いないいないばあ」は、家族や保育園の先生など、いつもお世話をしてくれる大好きで安心できる人の顔が隠れた“不安”と、「ばあ」で顔が出た“喜び”を感じることができる遊びです。

新生児期~3ヵ月ごろまで赤ちゃんの感情は、「快」「不快」が中心ですが、遊びを通して新しい感情を経験して刺激されることで、不安や期待、驚きや喜びなど、感情が多様に分かれつつ育っていきます。


周囲の人やもの、ことばへの関心を引き出す

遊びを通して他者に関心を持ち、かかわりに喜びを感じることで赤ちゃんは張り切り、周りの人や物に働きかける意欲を引き出されていきます。声がけによって、色々なことばがあることにも気づいていき、まだ発することはできなくても、ことばが蓄積されてきます。

>>>いないいないばあ遊びの楽しいバリエーションをご紹介します