0歳の1年間、赤ちゃんは、寝ている時間が1日の大半を占める新生児期から、1歳前後の1人歩きが始まるころまで、心と体の劇的な成長を遂げます。人間の一生の中でも、最も成長の度合いが大きい時期ではないでしょうか。この時期は、自分以外の人間とかかわり、周囲に興味を持っていく過程の基本となる時期です。0歳の赤ちゃんの心と体の発達を促す遊びをご紹介します。
0歳児の心と体を育てる遊び わらべうたで乳児とのふれあい遊び

0歳児の心と体を育てる遊び わらべうたで乳児とのふれあい遊びも

 

【0歳児の遊び】生後0~6ヵ月の時期におすすめの遊び

■成長の様子と遊びのポイント
寝るか泣くか、おっぱいやミルクを飲むかという、本能のみの反応だった新生児期の赤ちゃん。次第に、周囲の様子に興味を持ち出し、自発的に動こうとするようになります。周囲に興味を持ち始めた赤ちゃんの、好奇心を育ててあげましょう。
 
表・0~6ヵ月の成長と遊び

0~6ヶ月の成長と遊び


■おすすめの遊び
<ふれ合い遊び>
  • いないいないばあ(大好きな人の顔が隠れた“不安”と、「ばあ」で顔が出た“喜び”がよい刺激に)
  • わらべうたあそびで手足を動かしてあげる(オムツ替えの時など、下の「くまさん」のわらべ歌などで遊んであげましょう)
わらべうた遊び「くまさん」

 わらべうた遊び「くまさん」

  • ハンカチの引っ張り合い(引っ張ると引っ張り返される“やりとり”を楽しめる遊び)
<おもちゃ遊び>
  • ペットボトルのマラカス(音の刺激、振る→鳴るがわかる、鳴らしながら移動させる)
  • 紙風船フワフワ(飛ばしているところを見せたり、体の上に落としてあげたり)
  • 人形遊び(ぬいぐるみやパペットを使って、あいさつしたり、呼んであげる)
 

【0歳児の遊び】生後6~12ヵ月の時期におすすめの遊び

■成長の様子と遊びのポイント
視野や動ける範囲が広がり、周囲への興味がさらに拡大していきます。家族や保育士など、特定の人と濃い関係を築き、「この人といると楽しい」と感じる“安全基地”の存在をしっかり知らせてあげることが大切な時期です。
 
6~12ヵ月の成長と遊び

 6~12ヵ月の成長と遊び


おすすめの遊び
<ふれ合い遊び>
  • コチョコチョ遊び(笑うことは泣くことと同様、全身の運動!)
  • ちょちちょちあわわ(手や腕の色々な動かし方を感じる遊び。成長とともに、まねて自分でやるように)
わらべうた遊び「ちょちちょちあわわ」

 わらべうた遊び「ちょちちょちあわわ」

 
  • 大人のひざに乗せて、バスごっこ、船ごっこ(大好きな人のひざに乗っている安心感と、揺れたり、足の間にストンと落とされたりするスリル)
  <おもちゃ遊び>
  • ボードブックタイプの絵本(めくりやすく、自分でめくって次々に絵が現れる喜び)
  • もしもし遊び(何かを電話に見立てて、やり取りを楽しむ)
  • 太鼓遊び(空き箱などを太鼓に見立てて)
  • カップ重ね(大きさ、高さの違いなどを理解する)
0歳児の心と体を育てる遊び カップを重ねたり出し入れしたり

大きさのちがうカップを重ねたり、出し入れしたり

0歳の時期は、周囲への興味が、飛躍的に拡大する時期。そして、まだことばが出ていない時期から、周囲の声がけややりとりを繰り返し耳にすることで、自分の中にことばをためている時期でもあります。お母さん、お父さん、兄姉など、日々一緒に暮らす人が遊び上手になることで、赤ちゃんの成長を肌で感じ、手のかかる0歳期のお世話を思いっきり楽しんでください!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。