全方位をカバーする「アドバンスドセーフティパッケージ」を新設定

スバルの「事故を防止する性能」が大幅に向上している。今までもアイサイトという技術により、スバルは「前方に迫りつつある危機」をかなり減少させていた。具体的に挙げると、最新のアイサイト3装備車なら、居眠りや脇見などにより前方に停車している車両を見落とした場合、車速50km/h+αまで自動ブレーキで停車が可能。

スバル レヴォーグ

スバル レヴォーグ


厳格なテストこそ行っていないものの、60km/h程度までなら事故を未然に防げると考えていい(雨や滑りやすい路面を除く)。停車車両を感知して止まる性能に関していえば世界No.1だと言ってよかろう。さらにステレオカメラを使った画像認識技術ということもあり、歩行者や、自転車までキチンと感知する。

アイサイト

これまでもアイサイトver.3で高い予防安全性能を誇っていたが、さらに向上することに!


さらに前方に障害物があるような場所でアクセルを踏んでも、エンジンパワーを大幅に絞る機能まで付く。アクセルとブレーキの踏み間違いによる暴走事故を防げる、ということ。ちなみにノレンのような物体をくぐるような時は(例えば自走式洗車機など)、ボタン操作で暴走防止機能をカットしなければならないほど。

一方「後方に発生している危機」に対しては100%無防備だった。今や他のメーカーでは普及が進んでいる、高速道路での車線移動の際、死角に存在する車両を教えてくれるブラインドスポット警告などは無し。現実の交通状況では、前方と同じくらい後方の危機も大きい。そういった意味では、大きく遅れを取っていたのだった。

注目すべき2つの後方安全性確保システム

やっとスバルも後方安全性確保の必要性を理解したのだろう。レヴォーグの年次改良で、マイクロ波レーダー2つを使う、ボルボなどと同じシステムを選べるようにしている。これでレヴォーグは車両全周にわたり「事故を未然に防ぐためのバリア」を張り巡らせたことになります。以下、どんな機能を持つのか紹介してみたい。

スバル レヴォーグ

死角車両を検知する

スバル レヴォーグ

後退時も支援

一つは「ブランドスポット警告」。斜め後方に存在するドアミラーにもルームミラーにも見えない位置にクルマが居たなら、オレンジ色の警告灯をドアミラーに表示。車線変更しようとしてウインカーを出したら点滅するようになっている。さらに後方から追い上げてくる車両を感知し、ドアミラー内の警告灯で教えてくれるというもの。

もう一つが「後退時警告システム」。バックで道路などに出る際、ドライバーは接近車両を視認することが難しい。現状だとジワジワ後退するしかなく、考えてみれば乱暴かつ危険。そこで左右方向から接近してくる車両や自転車、歩行者などを感知し、警告音を出すというシステムである。これまた事故防止のため非常に役立つ。

ガイド所有のボルボV40に全く同じタイプの後方安全装備は装備されており、前方の安全確保以上に後方も重要だと痛感している。参考までに書いておくと、後方へのアクセルとブレーキの踏み間違いによる暴走事故防止機能は(アクセル全開にしてもノロノロ走行する)、今までのレヴォーグにも付いています。

いずれにしろ現時点で日本一事故を起こしにくいクルマが希望ならレヴォーグをすすめておく。

【最近の記事】
アルトターボRS試乗 AGS(オートギアシフト)の評価は?
ホンダ新型軽自動車S660は「ホンモノのスポーツカー」
新型レジェンド試乗「素晴らしい素材だが乗り味は?」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。