おいしいベトナムコーヒーを飲めるお店!

coffee

フィルターで抽出するのが一般的

ベトナムのコーヒー生産量は、ブラジルに次いで世界第2位。市場やスーパーでは豊富な種類のコーヒー豆が売られていますし、道端でも持ち帰り用のコーヒーを売る屋台をみかけるほど。日頃からベトナム人に親しまれているコーヒーですが、今回はその中でもガイドおすすめのコーヒーを出すカフェをご紹介します。

vietnamcoffe

フィルターはフランス統治時代の遺物

ベトナムコーヒーの特徴は、写真右の特製フィルター。お土産にもなっています。こちらで時間をかけて抽出します。ベトナム人は、その待ち時間に談笑に耽るのが楽しみの一つのようです。しかし、時間がないときは、すでに抽出してあるコーヒーをオーダーすることも可能。

 
coffe2

練乳は量に注意したい

そして、もう一つ欠かせないベトナムコーヒーの特徴が「練乳(コンデンスミルク)」です。最初はかなり甘く感じるでしょうが、その甘さが病みつきになります。また、冷たいコーヒーを注文した場合は、氷を混ぜて、少し溶けるのを待つことによって甘さを調整することができます。

 

ベトナムコーヒーの基本的なメニュー表記

旅行者が訪れるようなカフェでは、必ず英語表記がありますので、心配する必要はありません。ただし、露店では英語が通じない可能性があるので、基本的な単語は覚えておいた方が無難です。

ホットコーヒー:「Caphe non(カフェ ノン)」
アイスコーヒー:「Caphe da(カフェ ダー)」
ホットミルクコーヒー:「Caphe sua non(カフェ スア ノン)」
アイスミルクコーヒー:「Caphe sua da(カフェ スア ダー)」

最近はベトナムコーヒーも進化中

最近はベトナム人の嗜好も徐々に変化しているのか、さまざまなコーヒーが生まれています。例えば、ベトナム人にとって、コーヒーに入れるミルクと言えば練乳でしたが、最近はフレッシュミルク(牛乳)を入れるスタイルも若者に支持されはじめています。その他にも、外国の影響を受けてか、さまざまなフレーバーのするコーヒーや、南国らしい「ドリアンコーヒー」などもスーパーで見かけるようになりました。