<目次>  

90年代に生まれたヒップホップ……西海岸で生まれたGファンク

90年代に入るとヒップホップの勢力はさらに増して、アメリカでは最も売れる音楽ジャンルになったりと、ヒップホップがメインストリームへと伸し上がっていきます。80年代半ば頃まで、NYを始め東海岸を中心に展開していましたが、それ以降は西海岸や南部、中西部などからも、各地方の個性を活かした独自のスタイルで、多くの アーティスト達がその才能を表すように。それぞれの地域ごとに、特徴や活躍したアーティスト達をMVと共に振り返ってみたいと思います。

まずは西海岸。80年代中頃からアイスTN.W.A.などのアーティストによって、“ギャングスタ・ラップ”が注目を集め始め、ギャングや人種差別、警察による虐待などをラップしたハードな内容は大きな社会問題をも引き起こしました。
 
90年代のヒップホップを牽引したラッパーとは

Ice-T (c) Atsuko Tanaka

N.W.A.の中心メンバーでもあったドクター・ドレーは問題のあったレーベルを離れ、91年に新たなパートナーとデス・ロウというレーベルを立ち上げます。そのレーベルからは自身を含め、スヌープ・ドギー・ドッグ(現在はスヌープ・ドッグ)、トゥーパックなど西海岸を代表する大物アーティスト達が生まれ、“Gファンク”というサブジャンルを確立して大きな変革期を築きました。
 
2 Pac “2 Of Amerikaz Most Wanted”

 
Dr. Dre feat. Snoop Dogg “Still D.R.E.”
 

南部の“ダーティー・サウス”と中西部の“チョッパー”

MasterP

Master P (c) Atsuko Tanaka

アトランタやヒューストン、ニューオリンズなどの南部からはアウトキャストマスターPジューヴィナイルなどによって “サザン・ラップ”や“ダーティー・サウス” と呼ばれるサブジャンルが誕生。それまであまりパッとしなかった南部も東、西海岸に劣らず、南部訛りのラップにアツく湿った地域ならではのギラギラ感満載スタイルで、その存在感を世に知らしめました。
 
OutKast “Southernplayalisticadillacmuzik”

 
Juvenile “Ha”


クリーブランドやシカゴなどの中西部からはツイスタボーン・サグズン・ハーモニーなどのアーティスト達が“チョッパー”、“ミッドウエスト・ラップ”という早口でラップするスタイルを流行らせ、中西部のイメージを定着させます。
 
Twista “Emotions”

 
Bone Thugs-n-Harmony “Crossroads”
 

90年代に東海岸で復活、“イースト・コースト・ルネサンス”

jayznas

左:Jay-Z 右: Nas (c)Atsuko Tanaka

ヒップホップ発祥の地、NYではナズウータン・クランジェイ・Zノトーリアス・B.I.G.など数多くのアーティスト達がヒップホップ界を盛り上げます。一時は西海岸のGファンクに持っていかれた人気を東海岸に取り戻したその動きは、“イースト・コースト・ルネサンス”と呼ばれました。
 
The Notorious B.I.G. “Hypnotize”

 
Wu-Tang Clan “C.R.E.A.M.”

各地でスタイルが多種多様化していき、多くのアーティスト達がメジャーで活躍するようになったのが、90年代のヒップホップを取り巻く状況です。自主レーベルを立ち上げ、自分たちでビジネスをし、成功するアーティストも増えていきました。一方で、富、名声、権力を得て成功する同士に妬み、恨みを持ち、東海岸と西海岸のアーティスト達が対立するようになり、ヒップホップの歴史に大きな悲しい傷跡を残す大惨事を生むことに。それについてはまた改めて取り上げたいと思います。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。