ヒップホップファッションの移り変わり

1970年代後半に、NYのサウスブロンクスで生まれたヒップホップ。地元の若者たちによって支持されたヒップホップの人気は、たちまちアメリカを超えて世界中に広がり、大きな影響力を持つ文化として育ち続けてきました。前号の記事ではヒップホップの歴史とその変貌を振り返りましたが、今回はヒップホップファッションにフォーカスをおいて、過去から現在までのトレンドの流れを見ていきたいと思います。


80年代の人気スタイルは、アディダスのトラックスーツやカザールの眼鏡、カンゴールのハットなど

ヒップホップが誕生して間もなくの70年代後半は、レザーやハイウエストのデニムなどが人気で、80年代に入るとハイトップ・フェードやガンビーといったヘアスタイルに、アディダスなどのトラックスーツやボンバージャケット、カザールの大きな眼鏡、カンゴールのバケット・ハットや大きく太いゴールドのアクセサリーなどが流行りました。この時代のファッションアイコンとして一番よく知られているのは、何と言ってもアディダスを流行らせたラン・DMCでしょう。

RUN-DMC - Run's House 

彼らはヒップホップが今のようにメジャーでなかった86年に、アディダスと160万ドルの契約を結びつけたのですから、どれほどのインパクトを持っていたかがわかりますね。他にも、LL・クール・ Jビッグ・ダディ・ケインソルト・ン・ペパなどがファッションの手本となり、上に挙げたようなアイテムを流行らせました。

LL Cool J - I'm Bad


オーバーサイズにブリンブリンのフラッシーなスタイルが好まれた90年代

90年代はドレッドやコーンロウといった髪型に、ブランドのロゴが大きく目立つXXLのオーバーサイズのスタイルが基本で、トミー・ヒルフィガーポロ ラルフローレンノーティカカルバン・クラインなどのブランドが流行り、NBAMLBなどのジャージも定番でした。

undefined

(左)Eric Sermon、(中上)Common、(中下)Grand Master Flash、(右)Swiss Beats/Photo by Atsuko Tanaka


ギャング文化が根付く西海岸では、チェック柄のシャツやディッキーズのパンツ、西海岸のスポーツチームのジャケットやキャップなどのギャングスタスタイルが好まれました。

Snoop Dogg - Who Am I

Cypress Hill - No Entiendes La Onda (How I Could Just Kill A Man)


カール・カナイやフーブーなど、様々なヒップホップブランドが誕生

多くのヒップホップブランドが出てきたのもこの時期で、PNBネイションカール・カナイフーブーエコー・アンリミテッドなどと言った、数多くのストリートブランドがより大きなマーケットで展開するようになりました。デディーJAY-Zらを始めとするアーティスト達も自分のブランドを持ち、アーバンファッション界で成功を収めるように。

女性陣も、TLCリル・キムローリン・ヒルイヴなどのアーティストたちがそれぞれのスタイルを築き、ヒップホップ界に大きなインパクトを与えました。

TLC - No Scrubs

Fugees - Vocab

何といってもスニーカーが命のヒップホップファッション! スニーカーコレクター達が続々と増えたのもこの頃でした。

undefined

(c) Sneakerheadz


関連記事: ヒップホップカルチャーがスニーカーに執心するワケ
https://allabout.co.jp/gm/gc/460424/


数百万から1千万以上もするものまで。光輝くブリンブリンは富の象徴

また、“ブリンブリン”と呼ばれるアーティストたちの胸元や手元に光り輝くプラチナや大きなダイアモンドのアクセサリーも、よく目にしました。その値段は数百万から高いものだと1千万以上もするものまで。アーティスト達は自分の富を誇示するように、その大きさを競い合っていました。やはり、やるならとことんやるのがヒップホップ魂!

undefined

(左→右)Ghostface Killah、Yung Joc、Slick Rick/Photo by Atsuko Tanaka
 
 

細身のサイズでシンプル&シックに変化していった2000年代

2000年代初期から中期は90年代の流れを引き継ぎ、基本はオーバーサイズで、スポーツ系のジャージ、白のビックTシャツか、またはLRGア・ベイシング・エイプなどのカラフルなトップにデニムジーンズ、ニューエラのキャップに足元はナイキのエアフォース1、などと言ったスタイルが定番でした。

50 Cent - In Da Club

Yung Joc - "It's Goin Down"

後期に入ると洋服のサイズが段々と体にフィットするサイズへとサイズダウンしていきます。相変わらず派手なブランドものを好む人もいましたが、洗練された感じがヒップホップファッションにも感じられるように。80年代に人気だったファッションが一周して再流行した時期もあり、ハイトップ・フェードにトライバル柄の洋服を身につけた若者たちを多く街で見かけることもありました。


ヒップホップファッションにおける大事な要素、タトゥーとグリル

タトゥーは昔から人気で、多くのアーティスト達がタトゥーを入れていましたが、顔、頭を含めた全身にタトゥーを入れるスタイルが増えてきたのもこの頃です。

Wiz Khalifa- Ink My Whole Body

ゴールドやプラチナ、ダイアモンドなどでできた、歯に装着するグリルと呼ばれるアクセサリーも2000年代頃から人気を博しました。この頃からアトランタやヒューストンなどのアメリカ南部出身のアーティスト、リル・ジョンT-ペインポール・ウォールらがヒップホップ界を盛り上げていたので、より派手好きなものを好む南部の人たちに人気だったグリルが流行るようになり、今ではグリルはヒップホップファッションの大事なアイテムの一つとなりました。

Nelly - Grillz ft. Paul Wall, Ali & Gipp


ファレルやカニエなどの影響で、ストリートでもハイブランドが人気に

2010年代に入り、ヒップホップな要素をスタイルに残しつつも、シンプルでシックな着こなしをするアーティストたちが増えてきました。ファレル・ウィリアムスカニエ・ウェストエイサップ・ロッキーらはハイファッションブランドとコラボレーションをしたり、広告塔になったりと、ハイファッションとの密な関係を築き、注目を置かれています。彼らのスタイルに影響されたストリートの若者の間でも、トム・ブラウンメゾン・マルジェララフ・シモンズなどのハイブランドが人気を得ています。

undefined

シャネルの広告塔にもなったファレル(中央)トップモデルのカーラ・デルヴィーニュ(左)とシャネルのカール・ラガーフェルド(右)と  (c) CHANEL


もちろんハイブランドだけが人気なわけではありません。シュプリームヴァンズなどのスケーターファッションを流行らせた、独特なスタイルが際立つタイラー・ザ・クリエイター率いる集団ッド・フューチャーらもいます。



この時代に注目を集めた女性ラッパーは何と言ってもニッキー・ミナージュ。カラフルなウィグとファッションで、いつも驚きとインスピレーションを与えてくれました。

Nicki Minaj - Super Bass


最近のトレンドは、様々なテイストをミックスしたスタイル

ここ最近のファッションアイコンとして注目されているアーティストに、リル・ウージー・ヴァートミーゴズトラヴィス・スコットなどの名が挙げられます。彼らのように、ハイエンドからローエンドのブランド、スケーター、パンク、ゴス系などの他のスタイルをうまくミックスするのが今のヒップホップファッションのトレンドです。

Lil Uzi Vert - You Was Right


Migos - Get Right Witcha

約40年間の時を経て、ヒップホップファッションは様々な変化を遂げました。ですが、どんなブランドを身につけようが、どんな着こなしをしようが、そのファッションからヒップホップが溢れ出ていることは、いつの時代も変わりはありません。それは着ている彼らがヒップホップを愛しているから、いや、彼ら自身がヒップホップだからなのでしょう。あなたも是非自分なりのヒップホップな着こなしを見つけてみてはいかがでしょうか。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。